小山優作 AI deal(アイディール)「勝率70%で月利15%」でも勝てない理由

投稿日:

・百戦錬磨の AI ロボット
・勝率70%超え月利15%
・完璧な人工知能を駆使し人が働かずにロボットがお金を稼いでくれる
・連戦連勝の AI システムが日本初上陸
と謳う、小山優作氏のAIdeal(アイディール)を検証します。

 

ビジネスモデルはAIシステムを用いたFxです。

 

①『勝率70%で月利15%』に隠されたカラクリ

案内には、
「勝率70%超え月利15%」
と書かれています。

 

しかし問題なのは、
その裏付けとなる確たるデータが示されていないことです。

 

確かに、

「あなたが人工知能アイディールを
手に入れた未来はこちらです」

として、

「2ヶ月間の利益は2千万円以上」

というFX の取引実績画像が示されてはいます。

 

しかし、
このような画像は、コンピュータ上で
簡単に作成できてしまうので、
過去の同様の事例から判断しても、
簡単に真実であると信じてしまうのは危険です。

 

またもし仮に、これが事実であるとしても、
投資に求められるのは安定性です。

 

まずはこの安定性を評価することが必要です。

 

つまり、
「勝率70%で月利15%」が、
どれくらいの期間の実績なのか、が大事です。

 

数ヵ月程度の実績なのか、
1、2年の実績なのか、10年程度の実績なのか、
で、その評価は大きく異なってきます。

 

2,3ヶ月程度の実績では、
将来の長期間に渡って、
同じ効果が得られると考えるのは困難です。

 

少なくとも数年以上の実績が必要です。

 

相場は常に変化しています。

 

今の相場に適応できても、
それがずっと有効であるという保証は
どこにも有りません。

 

でも、もしそのシステムが、
過去長い間有効であったなら、
それだけ将来の有効性も期待ができます。

 

長ければ長いほど、
いろんな相場を経験してきており、
それだけ将来に対する対応力も期待できるのです。

 

僅かな期間に実績を上げたとしても、
それだけでは将来に対する期待は持てません。

 

またさらに、
「月利」は、評価指標としては不適切です。

 

なぜならそれは、
いくら月利が良くても、
週単位、トレード単位で、
大きく赤字が生じるのでは、
最終利益を得るまでに、
継続してその手法を使うことが出来ないからです。

 

ですので、
小山優作 AI deal(アイディール)を正当に評価するには、

・これまで何人が使用して
・いくらの元手で
・どれくらいの期間で
・いくらの利益を得たのか

というデータが示されなければなりません。

 

事実、有効な手法であるならば、
それらを示すことこそが、
最も信頼性を勝ち得るものとなるからです。

 

それが示されない限りは、
途中の赤字で撤退した人がほとんどだった
という可能性も否定はできません。

 

十分ご注意ください。

 

②『参加者の声』の注意点

案内には、参加者の声として、

・3か月で17万ほどの収益親しい仲間に紹介したい

・今17万円ほどの利益職場でも紹介してあげたい

が紹介されていました。

 

しかし、何の裏付けも示されないままに
これらの声を信頼するのは危険です。

 

参加する場合には、
あなたの大事なお金を投じることになるのです。

 

小山優作氏のAI deal(アイディール)を信じるに足る
しっかりとした裏付けを得ることが大事です。

 

それを怠ったがために、
「だまされた、こんなはずではなかった」
と嘆く初心者が続出しているのが、
ネットビジネス界の実情であることに、ご注記ください。

 

③『3つのお約束』に隠された危険性

案内には、三つのお約束として、

・約束1
 完全無料で月利15%の利息等全員に差し上げます

・約束2
 業界初の新モデルで勝ち組に入れます

・約束3
 システムの設置など不明なことは無期限でサポート

と書かれています。

 

しかしまず、
「完全無料」が真に「無料」であった事は、
過去にはなかったことにご注意ください。

 

大抵の場合に、
・システム維持費を、
・セキュリティ対策費を、
拠出することが求められてきたことに、
注意が必要です。

 

投資で大切なのは「利益」です。

 

収入と支出のそれぞれに、
着目しなければなりません。

 

いくら大きな収入が得られても、
そのために、多額のシステム維持費や
セキュリティ管理費を負担しなければならないのであれば

 

その分利益はどんどん小さくなることに注意が必要です。

 

④『AI・人工知能』に隠されたカラクリ

昨今、AIという表現が多用されるようになりました。

 

しかし、ネットビジネスでこの言葉が使われるときは
十分注意が必要です。

 

本来のAIは、人間が介入せずとも、
それ自身で学習をして、進化してゆくものを言います。

 

これは、大手の企業などが莫大な資金を投じて
開発するのが普通です。

 

しかし、ネットビジネスでAIという場合には、
自ら学習し、進化してゆく機能を持ったものは
ほぼ皆無でした。

 

多くの場合には、
単に人間がプログラムしたもので、
それを単に高速で処理するだけのものを、
そう呼んでいるだけなのです。

 

小山優作氏のAIdeal(アイディール)が、
真の意味での人工知能なのかどうか、
しっかり確認することも重要です。

 

※参考記事
自動売買システムで初心者が勝つためには
初心者のための動画・システムトレード解説
投資で初心者が勝てない最大の理由(プロスペクト理論)
● 投資ツール見極めのコツ
● 投資で必要なテクニカル分析はただこれだけ
● 自動システムと裁量トレードはどちらが良いのか?

 

 

ハヤトへのお問い合わせはこちらからどうぞ。
(お問い合わせ・メッセージからでも結構です)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

※お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを遅らせて頂きますが、
返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、
ご確認をお願いします。

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-検証・FX・バイナリー・株・BM

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.