すごかった 2019歌唱王

投稿日:2019/12/26 更新日:

 

最近になく幸せな気分を味わえました。

 

いつも楽しみにしていた「カラオケバトル」に、
実は少しがっかりしていたところだったのです。

 

それが、いつものように、
プレバト俳句を見ようとテレビをつけたところ、
全くの偶然にも「2019年歌唱王」に出くわしました。

 

とにかく初っ端から10歳の天才小学生の歌です。

 

度肝を抜かれました。

 

続く出場者全員、誰が優勝してもおかしくない、
と思えるレベルでした。

 

何度か、感動で目頭を熱くさせてもらえました。

 

歌は情感だと思います。

 

しかしそれを伝えるには技術が実用です。

 

カラオケバトルは、
「点数取りのための歌であって、情感が伝わらない」
と非難されることも有りました。

 

しかし、
点数を取るべく、音符に忠実に従って歌う中にも、
個性や情感を込めて歌う人がほとんどだったと思います。

 

それこそがカラオケバトルの真骨頂だと思いますし、
また実際私に、大きな感動を与えてもくれました。

 

しかし最近「AI」と称するおもちゃが導入されて、
首を傾げるような判定が多くなりました。

 

もともとの機械も人間がプログラムしたものですし、
「AI」と言ってみたところで、
新導入機器も、所詮はそれと大した差はないはずです。

 

しかし少なくとも私の判断基準とは、
以前と比べて明らかに異なってきました。

 

ですので、個人的にはとてもがっかりしていたのです。

 

それに、わずかながらですが、最近の出場者には、
以前の出場者に比べてやや物足りなさを感じていました。

 

ところが今日偶然出会ったカラオケ番組では、
出場者全員が素晴らしかったのです。

 

やはり人材はいるのですね。
豊富です。

 

思えば昔から「のど自慢」番組はありました。

 

しかし今のテレビに出てくる人に比べれば、
その実力は遠く及ばなかったと思います。

 

いいすぎかもしれません。
でも少なくとも、層の厚さは段違いです。

 

歌う人のマイクを持つ手が震えていたり、
それをまた見るほうがハラハラしたり、
そんな場面が多かったと思います。

 

ところが今出場してくる人の中に、
手を震えるような人を見ることはありません。

 

「プロより上手いのでは」
「プロのように堂々として自信を持って歌っている」
と思える人ばかりです。

 

カラオケ機器やカラオケステーションのおかげで、
人前で歌うことに慣れた人が多いのだと思います。

 

あるいは学校で学ぶだけでなく、
インターネットを通してより大きな世界に触れ学ぶ機会が、
「新人類」を生み出しているのかもしれません。

 

そしてかつては埋もれていたような才能に、
気づく人も大勢現れた結果だと思います。

 

才能に気づき、それを発揮する場がある、
そんな好循環がさらに人材を生み、
私達を楽しめせてくれているのだと思います。

 

ところで先日記事でご紹介した、
「82歳YouTuberの不二子さん」ですが、
彼女もまた、歌がとても上手なのです。

 

カラオケに限らず、様々な文明の機器が恩恵を与えるのは、
若者だけに限らない、ということのようです。

 

そのうちに、
カラオケバトルや歌唱王に出場するシニアが現れてくれれば、
と思うのです。

 

 

※参考記事
カラオケバトル U-18歌うま甲子園 四天王争奪戦 AI導入って?
● カラオケバトル 2019 夏のグランプリ 少しがっかり少し得
カラオケバトル「小学生が美空ひばりで100点満点」それに比べると...
● シニアの残リの人生で優先させるべきこと
一歩ずつ、一つずつ、の大切さ
● 見方を変える、自分が変わる、世界が変わる
迷い、悩んで、疲れたときにお勧めのオマジナイ?

 

私が実践中の副業

 

ハヤトへのお問い合わせはこちらからどうぞ。
(お問い合わせ・メッセージからでも結構です)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

※お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを遅らせて頂きますが、
返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、
ご確認をお願いします。

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.