投資で規律を守ることとトレード記録の大切さ?(ゾーン 最終章 ⑩ )

投稿日:2018/08/29 更新日:

こんにちは、ハヤトです。

 

 

本書の
トレード記録の大切さに関する部分だけは
著者のマークダグラスの妻である
ポーラによって書かれています。

 

 

彼女はこの部分で
トレード記録に関することに加えて
トレードで大事な規律についての
ユニークな考えを述べています。

 

「規律の定義は簡単で、
自分の目標を達成するために
必要なことを何でもすることだ」

 

というのです 。

 

マークダグラスは彼の著書である
規律とトレーダー・相場心理分析入門
の中でトレーダーにとって
規律がいかに重要であるか
について述べています。

 

彼の妻であるポーラの
この規律に対する定義は
他のどれよりもシンプルで力強い
説得力のある言葉だと感じ、
感動すら覚えました。

そうだ!
一言でいえばそういう事か!
なにも複雑で難しいことではない!

ではないかと思えたのです。

 

 

そして彼女は
その必要な事のひとつが
トレード記録をつけることだと言います。
 
 

では彼女は
トレード記録をつけることが
どのように大事だと言っているのか
見ていきたいと思います。

 

 

本書は

プロのように
継続して収益を上げるために
大切なのことは

 

プロのように考えること
そして
確率に基づいた考え方
ができるようになること


と繰り返し強調してきました。

 

つまり未熟なトレーダーである自分が

プロのように考えられなかった自分
確率に基づいて考えられなかった自分を

プロのよな考え
確率に基づく考えに

その考え方を変えていく

それが最も大事な目標だというのです 。

 

 
そしてこの考えを変えるのを
単純かつ効果的に行う方法が

トレード毎に自分の考えと行動を
書き留め記録することだと言います。

 

 

記録によって

自分の考えはどうなのか

それがどう変わってきているのか

目標地点に対して今どんな位置にいるのか

 

これを常に確認しながら
目的に向かおう、と言うのですね。

 

これはあたかも
ダイエットを志す人が
日々の食事内容を記録し
体重を記録し
目標地点と現時点の差と
現時点に至るまでの道のり

これを明確にすることに似ています。

そうすることで
目標達成のための意識と意欲
モチベーションを
保持し強化させるのですよね 。

 

まずは
変わろうという意欲を持ち続けなさい
と言います。

 

 

ポーラはこれを
将来像を作る作業と言います。
ロードマップと言えるかもしれません。

 

目指す目標の位置、
それに対する出発点と
現状の位置が分かれば

これまでどうやって進んできて
今後どう進めていけばいいのか
がちゃんと認識できるわけです 。

 

 

トレードにおいてのバックテストは
とても重要です。

 

採用した売買ルールが
実際にどのような成績を収めたのか

これを統計的に評価するためには
バックテストが大事です。

 

そのためには
日々のトレードをきちんと記録して
後から検証及び確認ができるように
しておくことはとても大事です。

 

 

それに加えて考え方です。

 

どのように考えたのか?
確率に沿って考えたのか?

変わってきているのか?
改善すべき点はあるのか?

 

このような考え方に対する
バックテストも大事だというのです。

 

 

例えば私の場合を振り返ってみると
こんなことがありました。

価格が下げている時に
大きな陽線が立ち上がるか
陽線が続けて3本ぐらい立ち上がると

必ずと言っていいほど
飛び乗り買いをすると言う
クセのようなものがありました。

 

今とび乗らなくては
乗り遅れてはいけない
という気持ちでした。

 

つまりそうしないと
取り残されてしまう
という恐怖に駆られていたのです。

 

 

こんな気持ちがある場合には
こんなパターンで負けている
という自覚はなんとなくありました。

しかしある時
トレード記録を読み返し
計算してみると
その行動による損失が他に比べて
突出して大きいことがわかりました。

 

なんとなく感覚でわかっていたものが
データとしてきちんと裏付けられた
わけです。

そうすると

それがどんなにまずいことなのか
改めて強く認識することが出来ました。

 

それ以来私は
特に大きく下げた後の
最初の戻りには手を出さない
という決め事をしてます。
 
 

このように

相場の動きはどうだったか
それをどう感じたか

そしてどう行動したか
それによってどんな結果が得られたか

これが統計的にわかるということが

いかに大事かと言うことを
痛切に感じました。

 

 

規律とは
良かれと思うことはすべてやる

ということ

 

トレード記録をつけることがいい
ということが認識できたのであれば
それをトコトンやり抜くこと
それこそが大事なのですね。
 

これをポーラは
自分自身の精神的な過去データから
学ぶためにトレード記録をつけていく

と言います。

大事にしたい言葉です。

 

 

-・ネットビジネス 投資の秘訣, ・ハヤトの「投資・ゾーン」解釈

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.