福原「愛ちゃん」引退に思う、卓球と心の病の克服

投稿日:2018/10/23 更新日:

こんにちは、ハヤトです。

 

 

 

あの卓球界を引っ張ってきた、
「愛ちゃん」こと福原愛さんが、
選手引退を公表しました。

 

 

3歳で卓球を始め、
26年間で国内外の多くのメダルを獲得。
選手としての活躍だけでなく、
テレビなどのメディアでも明るい話題を
提供してくれました。

 

 

私は、
卓球台からようやく顔を出そうか
というぐらいの愛ちゃんが、
泣きながらラケットを降っていた姿が
今でも鮮明に目に浮かんできます。

 

本当にお疲れ様でした。

 

私は学生の頃から卓球には
暗いイメージを持っていいました。

 

私の高校の卓球場が
薄暗い駐車場のようなところに
あったこともその原因かもしれません。

 

 

一般にも「ねくら」なスポーツとして
敬遠されていた時代がありました。

 

 

それが当時、
小さい愛ちゃんの登場で
一気にメジャーなスポーツに転じることになります。

 

 

しかしそれでも私は、
高校時代の印象が拭いきれないまま
卓球を敬遠し続けてきました。

またあの小さな玉に、
せわしなく反応するあの試合の様子が
息が詰まるようで注視していられなかった
ということもあります。

ですが昨年あるきっかけで、
地元の公民館で行われている
卓球クラブに参加することになりました。

 

 

そのきっかけというのは、
昨年心の病を患ったことです。

リタイアした後、投資で大きな損失を出し、
それが原因で心の病になったのです。

うつ病です。
そこからの回復のためにいろんなことを始めました。
苦しみから逃れるために、
ワラにもすがる思いでした。
無我夢中でした。

 

地元の親父バンドに参加して施設を慰問したり、
庭いじりなどして土に触れることも始めました。

そのうちの一つが卓球です。

 

 

地元の公民館では、
テニスや太極拳やヨガなど
色々なスポーツが行われていました。

 

その中で、
時間的にも一番参加しやすかったのが
卓球でしたので、それを覗いてみることにしました

 

 

見学させていただいている時に
私もラケットを握り
少しだけ練習に参加させてもらいました。

当然かもしれませんが、
全く玉が当たりません。

そして、少しやっただけなのに、
息が上がってしまいます。

それでもしばらくすると、
少しずつラケットに玉が当たるようになり
相手の台にも球が返るようになりました。

これならなんとかやっていける
のではないかという思いと

こんなにも体力が弱っていたのか、
と言うことを痛感させられました。

これでスイッチが入ったように思います。

 

公民館の卓球は、
週一回2時間で、そのうち1時間は練習で、
後の1時間はダブルスでの試合となります。

 

 

最初の頃は、
私と組んだパートナーには迷惑をかけてばかりでした。
すぐに負けてしまうのですから。

 

それでも嫌な顔をされることは一切ありませんでした。

 

 

一刻も早くその状態から脱するために
私は家の中でできる壁打ちのような
場所を作りそこで毎日練習しました。

 

すると努力は報われるもので
徐々に私の技術も向上してきました。

 

とはいえ今だに、
20人くらいいるメンバーの中で
びりから数えた方がまだまだ早いのですが。

 

それでも試合で私と組んだチームが
勝つケースも出てき始めました。

 

 

こうなるとさらに面白くなります。

 

 

何がいいかと言って、
遠慮会釈のない打ち込み合い、
これに勝るものはありません。

 

初心者の私に対しても遠慮会釈ありません。

 

 

そうなると不思議と、
こちらも一生懸命やることができます 。
火が付くのですね。

 

打ち込んでも、打ちこまれても、
とにかくスカッとします。

 

 

白い小さな玉に集中し、
それを追いかけていると、
その時には不安や心配事は綺麗さっぱいり
忘れることが出来ます。

 

 

しかも体力は徐々に向上していきますし、
それが実感できると気持ちもさらに
前向きになることができます。

まさに好循環の始まりです。

 

心の病にとってこんないい事ははない
と思います。 

 

 

ところで私の参加している卓球クラブは
若い人からシニアまで様々な人が参加しています。

 

60代、70代の人もたくさんいますし、
最長老は80を超えています。

 

最長老はとても元気ですし、
いつもはつらつとしています。

私は今だ 長老のレベルにはとても達していません。
いつも色々と指導していただいています。

 

 

リタイアする前は
こんな世界があることには気付きませんでした。

 

 

年齢を重ねても卓球のように
体を動かす趣味を持っていれば
健康はずっと保つことができます。

またそれにもまして
精神衛生上の効果も大きいのです。

 

 

こんな卓球との出会いを与えてくれたのは
最近の若い日本人選手の活躍と
やはり記憶に残るあの愛ちゃんの姿でした。

 

本当にご苦労様、ありがとう、
と言う気持ちでいっぱいです。

 

ただ、
リタイア後の生活を有意義に過ごし、
心身ともに健康であるためにはその土台も大切です。

 

私のように投資で大きな損失を出し
経済的な基盤を失ってしまうと
リタイア後の生活をエンジョイするどころではありません。

 

 

患った心の病から完全に回復し
日々私が充実して生活できるのは、
出会ったネットビジネスのおかげでもあります。

毎月決まった収入が得られるのです。

 

 

元々は心の病の回復のためと思って始めた卓球ですが、

経済状態が当時のままだと、
この卓球を継続するのは難しかったはずです。

単なる一時しのぎのための「心の薬」
に終わっていたはずです。

 

また外に働きに出なければならない、
アルバイトを始めなければならない、
そんな状態であれば、
卓球を心から楽しむこともできなかったはずです。

 

 

私は、
今やっているネットビジネスに
出会えたおかげで
堅実で継続的な収入を得る道を
見つけることができました。

 

 

年金に加えて毎月安定して
10万円以上の収入が得られるということが
どれだけありがたいことなのかを
強く実感しています。

 

しかもこれが、
在宅のままでできて、
しかも自分の好きな時間に、
作業すればいいだけなのですから。

 

リタイヤ後のシニアの生活も
不安に感じることはもうありません。

感謝感謝です。

 

 

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.