「使い潰される高齢労働者」の記事に思う、シニア在宅勤務の必要性

投稿日:2018/12/23 更新日:

こんにちは、ハヤトです。

 

 

12/22のヤフーニュースに、

「使い潰される」高齢労働者、
多発する労災、人生を変える悲惨な実情、

 

と題する記事が掲載されました。
 

 

記事の発端は、

清掃業務にパート勤務していた女性(69歳)が
業務中に首や足の骨を折るという大怪我をし、
労災認定されていたことです。

この大ケガで会社は彼女に退職要求し、
労災申請も渋っていたというのです。

 

これが、「高齢者の使い潰し」

というショッキングな表現となったのです。

記事では、

「高齢者なら勤務できるあても少なく、
低賃金で使い捨てにできる会社にとって便利な存在」

という、ご家族の言葉を紹介しています。

確かにそんな一面は否定できないと思います。

記事にもあるように、

 

「政府は、人手不足の解消策として、
高齢者の就労促進を強く推し進めている。
直近では、
現行で65歳までとなっている継続雇用年齢を
70歳まで引き上げるとともに、
年金受給開始年齢の引き上げが議論されている。
つまり、70歳まで働くのが当たり前の社会が
すぐそこまで来ているのだ。」

という社会的背景があります。

 

 


また記事では、

 

「内閣府のまとめによると、
2017年の労働力人口総数に占める
65歳以上の労働者の割合は15年連続で増加し、
12、2%に達している。」

と言い、さらには、

 

「高齢者の就労率の高まりの裏側で、
安全衛生の体制は追いついておらず、
あたかも”高齢者の使い潰し”とも呼べる
過酷な状況が広がっているのである。」

と警鐘を鳴らします。

私はこのような記事を読むたびに、

高齢者 = 単純肉体労働

という固定観念を変えないかぎり、
社会にとっての明るい未来はないのではないか、
と思うのです。

少子高齢化の加速によって、確かに
労働力を補い、
社会保障費用を軽減するためにも、
以前より強く高齢者の社会貢献が求められます。

その一方で、
時代の変化に伴う急速な技術の進歩に、
高齢者が取り残されつつある実態も現存します。

技術の進歩は、
技術の複雑化をもたらします。

すると、それに対応できない高齢者は、
単純な肉体労働を選択するしかない、
と考えられるのが一般です。

しかし、技術の進歩は、
技術を使いやすくする側面も併せ持っています。

例えば30年近く前、
私がEメールと出会った時には、
その設定がとても大変でした。

その後しばらくして、
インターネット上にブログや
ホームページを
作ることが一般的になりましたが、
当時は特殊な知識がないとできないことでした。

また、
店まで足を運んで商品を選ぶのが普通だったのが、
いつのまにか今ではインターネット上で買い物し、
数日のうちにそれが配送されるまでになりました。

メールを設定して、
メールを打ち込んで、
ブログを作ったり
ホームページを開設したり
またインターネットで買い物したり

実はさほどのスキルも知識もなしにできることは
今ではたくさんあります。

インターネットのおかげで、
高齢者を含む誰もが、
比較的簡単にできて、
しかもそれで収入を得る道も開けてきているのです。

いわゆるネットビジネスです。

このネットビジネスのうち、
投資を除くアフィリエイトや転売などは
資金も少なく、リスクも少なくできるビジネスです。

詐欺が多発していたり、
うさん臭さが付きまといますが、
それでも本物のノウハウは存在します。

それさえ見つけられれば、
そしてそのノウハウに従って地道に
作業することさえできれば、
その先には大きな成果が待っています。
逆にそれこそが本物のノウハウです。

私もようやく本物に出会えたことで
それが実感できています。

話を戻しますが、
今の時代こそ、

高齢者 = 単純肉体労働

という固定観念を捨てるべきです。

そもそも、
高齢者は肉体労働には向かないはずです。

中には元気な人もいるでしょう。
しかし、歩行すら困難なかたも大勢います。

その方たちこそ、
在宅でできるネットビジネスを始めるべきだと思うのです。

繰り返しますが、ネットビジネスには、
高度な知識やスキルはいりません。

ただし、本物のノウハウに従って、
地道に作業することが求められます。

そして、意外なことに、
技術の進歩で希薄になってきた、
人と人とをつなぐ心の架け橋こそが、
ネットビジネスには求められます。

転売にしても、
アフィリエイトにしても、
最後はいかに自分以外の人と共感できるか
ということが求められます。

そこにこそ、
長く深い経験を経てきた高齢者、シニアが
底力を発揮できると信じます。

高齢者、シニアにとって、
今このようなビジネスこそが
求められていると、強く思います。

 

 

 

 

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.