そんなに高い? シニアの起業の成功率 ✿

投稿日:2019/08/14 更新日:

ハヤトです。

 

 

アメリカ人のトラナーズさんは、
66歳で起業して成功しました。

こういう話を聞くと、
62歳の私も大いに勇気をもらえます。

 


トラナーズさんは、

「高齢化社会のアメリカでも
シニア起業家の7割が成功している。

若い起業家のそれは3割以下。

シニアは経験と知識があり、
それを生かせば成功できる。

社会全体で、もっともっと
シニアの起業を語り合おう。」

こう語ります。

「アメリカはやはりすごいな」
私はこれを聞いて、そう思いました。

「日本ではこうは行かないのでは」
とも思いました。

わたしはずっとサラリーマンを
続けてきました。

そもそも起業ということ自体が
実はあまりピンときません。

アメリカほど日本の社会に
浸透しているとは思えないのです。

「アメリカだから出来るんだ、
トラナーズさんだから出来たんだ」

と思ってしまいます。

いつもの悪い思考パターンです。

他人の成功体験を聞くと、
ついついこう思ってしまいます。

こんなときこそ、

「自分にも出来るかもしれない、
前向きにとらえよう」

「出来ない理由を考える前に、
出来る方法を考えてみよう」

と思わなければなりません。

最近は、何に対しても少し前向きです。

そしてまず、
日本の社会のことを考えます。

日本人の、しかもシニア世代の
起業意識は決して高くないはずです。

少なくとも学校では教わりません。

むしろサラリーマンに適するような
人材育成が行われてきました。

組織の中で、周りと協調してゆける
人材が求められました。

「空気を読む」ことが大事です。

それが一時は日本の力、
ものづくりの力になったことは
間違いありません。

そんな成功体験が
固定観念をより強化します。

しかし高齢化社会です。

これはおそらくアメリカより
日本の方が深刻です。

年金問題、少子化問題、財政問題
どれをとっても
シニアには厳しい状況です。

これからはもっと厳しくなります。

本当は、こんな日本のほうが
アメリカよりもシニアの起業が大事です。

そう思えてきます。

新しい展開が求められる、と思います。

そんな中、光は見えてきています。

インターネットです。

他の記事でも再三取り上げました。

ネットビジネスは
シニアにとって大きなチャンスだと思います。

体力がなくても
在宅で、PC一台あれば可能です。

たしかに、若い人に比べれば
ハンディーがあるもしれません。

アナログ人間の方は未だに多いかもしれません。

しかし、
Eメールが始まり、
ネットでも検索ができるようになったり、
ネットで買物ができるようになったり、
それから既に20年以上経ちました。

シニアの方でも、
ネットに関わりのあった方も多いはずです。

携帯電話や、スマホの普及とともに、
多くのシニアがネットと関わっています。

私の母は90歳です。
今はガラ携をつかていますが、
数年前まではスマホを使っていました。

今では電話機能しか使っていませんが、
以前は私に写メを送ってくれたりもしました。

アナログ人間とは言いながら、
デジタルにも対応してきているのが実態です。

少なくとも
このブログを御覧くださっているシニアの方は、
既にデジタル人間です。

そんなシニアの方が、
ネットビジネスを始めるのは
意外に簡単です。

投資や転売も出来ますが、
なんと言ってもアフィリエイトが有利です。

リスクは殆どありません。

強いて言えば時間がリスクです。

成果が得られるまでに、
数ヶ月かかります。

成果が得られる前にやめてしまえば、
その間の時間は無駄だった、

というのはリスクかもしれません。

でもシニアには、
とても大事な武器があります。

時間です。

これを用いれば、
成果が出るまでの期間を短縮できます。

スキルは思ったほど要りません。

メールが出来るくらいであれば
記事を書いて投稿するのに
15分と要らないのです。

これは例えば、

・新たに無料ブログを開設する
・自分の好きにIDやPWを設定する
・テスト記事を書く、例えば、
「本日は晴天なり」
こんな文を打ち込み、
・「投稿」のボタンを押す

それだけです。

これにほぼ15分です。

最初は簡単な日記を書いても良いかもしれません。
それを家族で共有すること出来ます。

私も最初は興奮しました。

自分で書いた文章が、
ネット上に乗るのです。

世界中の人がそれにアクセスできるのです。

さすがに、
それに気づいて読んでくれる人はいません。

それをネットビジネスとして
進化させるには、それなりの、
工夫やノウハウが必要です。

でもそれも、
それほど難しいことではないんです。

でも少なくともこの日記こそが、
アフィリエイトと言うネットビジネスへの一歩なのです。

私は最初、
若い人と同じ土俵で同じように戦って
勝ち目があるのか、と疑問を持ちました。

勝てないまでも、
自分に取り分が残っているのか、

正直なところ不安でした。

私は
もともと書くのが苦手でしたし
記事を書くにも時間が掛かります。

それでも、
リタイヤの身なので時間だけは武器になる。
アトがないのであきらめずにやる。

と自分に言い聞かせました。

でもやはり
ネットの世界は若者のもの
という先入観がありました。

ところが今は、
考えが変わっています。

ブログを書き始めて12カ月ですが
いろいろとメールでの問い合わせを
頂きます。

そしてその多くは
私と同世代かそれ以上の方です。

80代の方もおられます。

そして気付いたのは当たり前のことです。

シニアの人口は多い!

のです。

高齢化社会なので当然です。
しかもどんどん増えてゆく、はずです。

ならば
若者と同じ土俵で勝負する必要は
ないのではないか?

つまり

「シニアの、シニアによる、

シニアのための」

そんな世界がある、ではないか。

そう思えて来たのです。

そして最近ブログ名を変えました。

「シニアの副業実践ブログ」です。

ネットビジネスは
シニアにとっても大きな
可能性を秘めていると思います。

確かに若者が、
シニアの土俵に上がってくれば
シニアはまた苦戦するかもしれません。

でもアフィリエイトの世界は
共感こそがもっとも大事です。

そこにシニアの優位性もあります。

若者とシニアの対立、
そんな単純なものではありません。

こう考えると更に勇気が湧いてきます。

「シニアの、シニアによる、

シニアのためのネットビジネス」

いかがでしょうか?

これなら日本でも
「シニアの起業成功率が70%」
期待できるかもしれませんね。

楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.