タッチタイピング、シニアの挑戦17日目 ✿

投稿日:2019/08/13 更新日:

ハヤトです。

前回8/1、
タッチタイピングの挑戦をはじめて5日目に、
「これはいい」と思える練習法を見つけ、
自慢するよう記事に書いておりました。

不要になったキーボードを、
膝においてテレビを見ながら、
聞こえてくる単語を断片的に打ち込みます。

確かにそれはいい方法だと思っています。

少なくとも、
飽きずに継続していられます。

2週間以上続けられているので、
3日坊主の私にしてみれば上出来です。

しかし肝心の技術が向上しません。
なかなか実感できないのです。

テレビの天気予報などを観ながら、
聞こえてくる、「天気」「台風」「接近」などの
単語を打ち込むのは結構出来るようになりました。

この方法では、
ずっとテレビの画面を観ていますので、
キーボードで正しく打てているかどうかの確認はできません。

でも、間違えたときには、
今のはミスタイプだと、
だいたいわかるようにもなりました。

こうなってくると、
だんだんこの練習も楽しくなってきます。

ちょっと飽きたら無理をせず、
すぐにキーボードを脇に置きます。

焦らず、一歩ずつ、
がせっかちな私には大事です。

これが継続のコツです。

と、ここまでは良いのですが、
実際記事を書くのはまだまだ無理です。

何度もトライしています。
手元は絶対に見ません。

すると、思いっきりミス・タイプします。

何度も繰り返すので、画面を凝視します。

ミスタイプのたびに、
「わっ、また間違えた」とさらに画面を、
にらみつけます。

イライラはつのる一方です。
血圧はおそらく150を超えています。
多分超えています。

指はどんどん固まって動かなくなり、
肩は凝り、腕の筋もこわばってきます。

何より、ものすごく目が疲れてきます。

もともと、目の負担を軽減するために始めた
タッチタイピングへの挑戦でした。

それが以前よりもひどい有様です。

やむなく、
元のタイピングに切り替えて打ち込みます。

すると、指使いがメチャクチャです。
イヤでもそれに気付かされます。

「この指使いを直さなければ始まらない」
そう思います。

何しろ、20年以上かけて、
体に覚え込ませた指使いです。

これを矯正しない限りは、
いくら練習でタッチタイピングができていても駄目なのでは。

そう思って気を取り直して、また、
タッチタイピングでやり始めます。

悪戦苦闘、目の疲労、肩こり、
イライラ、指がつる、
こんなストレスのオンパレードです。

こうなると、大抵は、
練習をやめる大義名分となりがちです。

振り返ると、私の場合はそれの繰り返しでした。

でも今回はそれは許されません。
これまでとはちょっと違います。

「小さく始めて大きく育てる」
のコンセプトのもとに始めた訓練です。

また2週間とはいえまだ継続できています。

なかなか先に進めないとはいえ、
意外な効果もあるようです。

指使いはまだまだ修業が必要ですが、
キーボードの文字配列が脳に馴染んできたのかもしれません。

普段のタイピング速度がだいぶ上がっているようです。
またミスタイプも少なくなっていると実感できます。

これはここでやめてはいけません。
この壁は乗り越えられる、自分に言い聞かせます。

タッチタイピングで普段の記事を書くときの工夫を考えよう。
こう思ってやり始めたのが、次の工夫です。

文章の途中で突っかかりがちなのが、
句読点です。「、」「。」です。

これらのキーは右手の下方にあって、
指をやるときにかなり苦労します。

手がこわばる一番の原因かもしれません。

なので、打ち込み途中では、
一切句読点を入れないことにしてみました。

これは結構行けそうです。

後から句読点を入れるのは、
さほどストレスなく出来ることがわかりました。

とりあえずこれで進ます。

しかし、
文字変換の際の「Tab」キー、
確定のための「Enter」キー、
修正のための「Backspace」キーだけは、
省略できません。

そうしないと結局途中で手元を
見なければならなくなります。

これをいまメインの課題にしています。

でもこれらのキーの配置は思ったより指の届きやすい、
狙いやすいところにあるようです。

意外と早くマスターできそうです。

ただしこれでも、
記事全文をタッチタイピングでやるには時間がかかりすぎます。

とりあえずは、
記事のほんの一部でもいいからタッチタイピングをやる、
ことに決めました。

とにかく目の前のハードルを下げること、
これに集中します。継続のためです。

「小さく生んで大きく育てる」これを忘れぬようにします。

下は私の「いろはにほへと・・」打ち込み実績です。
19ac17dc.jpg

打鍵/秒=1.6 これが目下の実力です。
うまい人は、これが8.5、私の5倍の速度です。

どのあたりを最終目標にすればよいのかは分かりませんが、
当面2~3を狙ってゆきたいと思います。

2f7e7473.jpg

また進捗をご報告いたします。

 

 

 

 

 

 

 

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.