定年退職した日の話

投稿日:2019/08/09 更新日:

ハヤトです。

 

2年前になります。

 

還暦を迎え、定年退職する当日の朝でした。

 

家内が私に言うのです。

 

「もし花束をもらったら、
それは大事に家に持って帰ってね」

 

聞けば彼女が学校を出て、
新人OLになったばかりのときの話です。

 

そんな時もあったのです。

 

彼女の職場で定年退職を迎える男性がいました。

 

そして、新人の彼女が
花束を買う役目に指名されました。

 

新人OLの慣例の仕事です。

 

そのとき彼女の先輩が、教えてくれました。
「どんな花が好きなのか、事前に聞いておいたほうが良いよ」

 

定年退職する人に対しての花束はつきものです。

 

男性にとって普通、
それを持って帰るのは結構バツの悪いものです。

 

ジロジロ見られるのも恥ずかしいもので、
そっと捨ててしまう人も多いと聞きます。

 

あるいは、
こんな会社からもらう花束など要らない、
と思う人もいるかも知れません。

 

それだけに、
せめて男性のために、好きな花を聞いておけ、
というわけです。

 

しかし家内はその時、ふと思ったといいます。

 

「会社を最後まで勤め上げたのは、
その男性だけの成果なのか」

 

「待っている奥さんが家にいる」

 

「奥さんにも、共に歩んだ歴史があったはず」

 

「花束はむしろ奥さんの労をねぎらい、
感謝の気持ちを示すものであっても良いのでは」

 

そして男性に彼女は、
「奥さんの好きな花はなんですか?」
と聞いた、といいます。

 

そんな話をしたうえで、
「最後のお勤め頑張ってね。花束待っているわよ」
と私にいうのでした。

 

私は正直、がく然としました。

 

「苦労したのは自分ばかりだと思っていなかっただろうか?」

 

「家内の苦労や支えに思いを寄せたことはあっただろうか?」

 

「いやあった、しかしそれを口にしたことはあっただろうか?」

 

「子育ての大変な時期、仕事を理由に、
辛いことをすべて家内一人に押し付けていなかったか?」

 

「ここまでやって来るのに、どれほど家内に助けられていたか?」

 

色んな思いが交錯し、目頭が熱くなってしまったのです。

 

そして、
それを家内に悟られぬようにして、
最後の出勤のために靴を履き、
「行ってらっしゃい」の声を背に玄関を出たのです。

 

職場では最後に、
若い女性が花束を手渡してくれました。

 

事前に聞かれることはありませんでした。

 

しかし清楚で美しい花でした。
その花はもちろん大事に家に持ち帰りました。

 

「長い間お勤めご苦労さまでした」
家内の言葉に、ありがとう、と返すのがやっとでした。

 

心では、
「苦労かけたね。これまで本当にありがとう」
と思っているのです。

 

今でも気持ちを正直に口に出すのは苦手です。
でもそうしなければ、とも思います。

 

ただ、この記事で感謝の気持が少し伝われば、
と思っています。

 

※参考記事
迷い、悩んで、疲れたときにお勧めのオマジナイ?
なぜ投資で勝てないのか?(損小利大とプロスペクト理論)
アフィリエイトで大切にしたい(黒い髪のきれいな女の子)
家内が資金ゼロで即金〇〇万円を獲得した方法

 

※ハヤトが実践している副業
私が実践中の副業
私が実践している副業・参加して2ヵ月の成果

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.