守破離 の教え、型なしから型破りへ ✿

投稿日:2019/07/21 更新日:

ハヤトです。

 

柔道や剣道などの武道や、

茶道や華道や書道など、
道を究める世界で大事とされるのが
「守破離」の教えです。

 

「守」は、
師匠の教えを忠実に守り、
素直に、地道に言われた通りにやって、
基本の「型」を身につける段階です。

しっかり教えを守ることによって、
「型」を理解して身に付けます。


「型」が出来上がったら、
そこで初めて
自分のオリジナルを付け加え、
さらに技術を進化させてゆきます。

これが「破」の段階となります。

 

さらに進むと
「離」の段階に至ります。

完全に師から離れて、
自分で独立してやって行く
レベルとなるのです。

 

武道や茶道に限らず、
技術や習い事はすべて、
「守破離」に従うのが
最も近道だと言われます。

 

ネットビジネスにしても
最初はだれもが初心者です。

人や本からやり方を学んで
技術を自分のものにして
行かなければなりません。

それにはやはり「守」から
始めなければなりません。

 

私が投資で大きく失敗した
最大の原因がここにある
と思っています。

つまり、
「守」を十分に行わず、
「型」が出来てないにもかかわらず、
勝手に「型」をアレンジしたのです。

それが大きな間違いだった、
と思い知らされました。

「型なし」なのに、
「型破り」の段階に進んでしまい、
それで資金を減らして行ったのです。

 

そうなった原因は二つある
と思っています。

 

一つ目は「思い込み」です。

 

少し「型」を学んだだけで、
わかったような気に
なってしまったことです。

 

「型」を守るのはとても窮屈です。

 

投資で言う「型」は、
例えば、

 

・Aの場合には買いでエントリー
・Bの場合には売りでエントリー

・それ以外の場合はノートレード

 

こんな「縛り」あるいは「枠」によって
優位性の低いトレードを排除します。

そうやって、優位性を保ち、
勝つ確率を維持します。

 

でも相場では、
AやB 以外にも、
Cや Dや E など、
いろんな状況が発生します。

 

その時に、
別の「型」や手法を知っていると、
AやB以外の、Cや Dでのエントリーも
可能となります。

 

そうすると、
もともと学んでいた「型」の
「縛り」や「枠」を忘れてしまい、

A、B 以外のCやDの場合にも
いろんな「型」を当てはめて、
次々に手を出し始めてしまいます。

一つに決めたはずの「型」の、
「縛り」や「枠」の窮屈さからは
解放されます。

しかしこれが命取りとなります。

特に良くないのは、
AやB の相場であってもも、
どこからか適当な「型」を引っ張り出してきて
それを基にしてトレードすることです。

 

 

それでも勝つことはあります。

 

するといつのまにか、
せっかく学んで身に付けようとしている
「型」をすっかり忘れてしまいます。

気が付けばいろんな「型」を
ごちゃ混ぜにして使っています。

それは結局「型」がないのと同じ
「型なし」状態なのです。

そうなるともう、
もがき苦しむしかなくなります。

 

投資の手法は、つまり「型」は、
確率的に継続的に勝つように
作り込まれています。

 

たとえそれがどんなに窮屈でも

その「型」を守らない限り
確率を生かすことができません。

つまり継続的には勝てないのです。

いろんな「型」をかじって、
自分のものにしないままに
それら適当に使っていると、
そこからは何の学びも得られません。

トレードが
うまくいった原因や、
うまくいかなかった原因が
どこにあるのかが掴めなくなります。

この学びがないと結局は、

技術が進歩しないままとなります。

あくまで一つずつ「型」を
身に付ける必要があります。

どれもこれもでは、結局
「型」がないのと同じです。

これが私の犯した過ちの一つ
だと思っています。

 

 

もう一つは、
「型なし」の行動を チェックし、
修正する仕組みがなかったことだと思っています。

 

上にお話した自分の思い込みは、
自力で気づいて、修正するのはとても困難です。

私の投資では、
致命的な損失を抱えて初めて
その過ちに気づきました。

また気づくことがあったとしても、
それを行動に移すのがさらにまた困難です。

 

 

今私は
アフィリエイトの指導を受けて
実践しています。

 

師匠独自のやり方があります。
ここでもやはり「型」が大事です。

 

投資の失敗があったので
「型」の重要性は理解していました。

 

覚悟もできていましたし、
実際「型」を守るべく行動したつもりです。

 

しかし振り返ってみると、
師匠の指示や、
方針に対する理解が不十分で、

 

勝手な思い込みで作業することも
多々あったことに気づきます。

 

そのまま進んでいれば、
投資の時と同じで、

いつの間にか
「型なし」状態に
陥ってしまっていたと思います。

しかし投資の場合と異なるのは、

師匠から常にチェックが入ることです。

当初は毎週必ず1回、
1年以上たった今でも、
少なくとも月に2回は指導を仰いでいます。

これはとてつもなく大きな強みです。

 

こうやって定期的に
しかもマンツーマンで
Skype 指導を受けると

思い込みで道を反れそうになっても
すぐに軌道修正が出来ます。


それほど人は
思い込みに陥りやすく、
横道にそれて行きやすいのだ
とも言えます。

 

投資でも、
このような指導を受けていたなら、

結果はものすごく違っていたと思います 。

 

「守破離」はとても大事です。

 

しかし、これを実現するのは
そんなにたやすくありません。

特に初心者の場合には、

自力ではとても難しいかもしれません。

 

「型なし」にならずに、
「型破り」が出来るレベルに到達するには、

サポートの在り方も大事なポイントだと思います。

そして重要なのは、

 「型」を守っていると、
「型なし」でいるよりも、
はるかに多くの学びが得られる、
と言うことです。

この学びこそが、
継続のための楽しみを与えてもくれます。

ますますやる気にさせてくれます。
皆様にもそんな出会いがあることを願っています。

 

※参考記事
田園風景に見る四季の変化の美しさと、人生における四季
ガッテン「スロースクワット」に見る継続の重要性とその工夫
守破離 の教え、型なしから型破りへ
家内が資金ゼロで即金〇〇万円を獲得した方法

 

※ハヤトが実践している副業
私が実践中の副業
私が実践している副業・参加して1年半の成果

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.