「70歳までの定年延長」考えてみたい在宅勤務という選択肢

投稿日:2019/05/16 更新日:

ハヤトです。

 

5/16NHK NEWS WEBは、
「希望者が“70歳まで”働き続けられる制度案 政府が取りまとめ」
と題した記事を発表しました。

記事によると、安倍総理はこう言います。
「元気で意欲ある高齢者の方々にその経験や知恵を
社会で発揮していただけるよう法改正を目指す」

確かに少子高齢化が進む日本においては、
私もこれは避けられない時代の流れだと感じます。

私の友人には「元気で意欲のあるシニア」が多くいます。
おやじバンドや、シニア卓球などで
第二の人生を楽しんでいる方々です。

その多くの方は、ある程度の貯えがあり、
年金ももらい、物価も安い田舎に住んでいる、
のを要因として持っているのかもしれません。

子供世代と一緒に暮らしている人も多いのです。

しかし一般には、年金額も少なく、
住宅ローンの支払いや、子供たちへの教育費がかさんだため、
貯蓄も十分でない方も多いはずです。

都会では物価も高いでしょうし、
それに加えて消費税の増税が控えています。

調査によると、60歳以上の約8割が、
70歳以降も働くことを希望している、
と言いますが、背景にはそんな事情がうかがえます。

記事では、ある警備会社の事情が記されていました。

「364人いる社員のうち、
最年長の86歳の男性を筆頭に、
60歳以上が184人とほぼ半数を占めています。」

そこで働く70歳の男性は、
「年金だけでは生活が厳しいく、
体が動くうちはずっと働きたい」と話します。

 

この会社の社長は、
「警備の仕事は対人関係の仕事なので、
人生経験が豊かなシニアのほうが向いている。
70歳まで働き続けるための制度が始まれば、
警備業界にもっと人を呼び込めると期待する」と言います。

 

シニアには一方で、経済的な不安を抱えているのではなく、

 

悠々自適に暮らしているように見える方も多くいます。

ただその中にも、
時間を持て余し、孫との接触だけが楽しみで、
さほど生きる目標の持てない方も多いと聞きます。

特にずっと会社勤めしてきた人は、
そこから離れると、地域との接触も持てないまま、
引きこもりがちになる人も多くみられます。

一口に高齢者と言っても、事情は人それぞれです。
しかしいえるのは、どんな方にとっても、
もし時間を自由に選べて、在宅でできる仕事があれば、
それに勝るものはないのではないでしょうか。

外で働く、会社勤めを続けるのは、
収入の安定面では安心かもしれません。

しかし、いつ通勤が困難になる事態が発生するかもわかりません。

今回の政府の制度案では次のような7つのケースに関する
企業側への対応努力を求めていると言います。

・定年の廃止、
・70歳までの定年延長、
・継続雇用制度の導入のほか、
・別の企業への再就職のあっせん、
・起業支援、
・フリーランスとして働く場合の資金提供、
・社会貢献活動を行うための資金提供。

確かにいろんな選択肢があるのは、
シニアとってもありがたいことです。

しかし上にお伝えしたような、
警備会社のようにシニアを歓迎する起業ばかりとは言えません。

トヨタの社長の言葉は記憶に新しいですが、
企業も様々な事情から、
シニアの職をずっと確保してくれるかどうかは疑問です。

確保されるにしても、
仕事の内容は制限されることが予想されます。

必ずしもやりがいの見いだせるものとは言えない可能性もあります。

そんな時やはり一番良いのは「在宅でできるもの」
だと思います。

インターネット社会ではそれが可能です。
一昔前と180度環境は変わりました。

ネットビジネスであれば、
時間や場所を選ばずにできますし、
たとえ体力が衰えたとしても、続けることができます。

地域社会との交流が持てないシニアでも、
ネットを通した交流ができるようになります。

それをきっかけにして、
地域での人との出会いの機会が得られるかもしれません。

そんな選択肢があることを、シニアの方には
ぜひ心に止めておいていただきたいと思います。

しばらく前には、シニアにとっては少し
パソコン操作が難しかったかもしれません。

ただやってみるととても簡単ですし、
簡単なやり方がどんどん進化し、増えています。

少しも心配の必要ないと思います。

問題は、ネットビジネスには怪しいと思われ物も多く存在することです。

日々いろんな情報が発せられます。

多くは、「誰でも」「簡単に」「○○するだけ」
と謳いつつ、実はそうではなかったというのが実情です。

ですので、ネットビジネスを始めるにはまず、
それらをきちんと吟味して、
本物を見つけ出す技術を身につけなければなりません。

しかしそれもむつかしいことではありません。
「誰でも」「簡単に」「○○するだけ」
のような甘い言葉に注意すれば、ほとんどは避けられるものです。

私もリタイヤ後からネットビジネスを始めて、
大きく生活が変わりました。

そんなに多くはありませんが、
継続した収入が得られています。

時間は自由ですし、もちろん在宅です。

地道な継続した作業が必要ですが、
それはむしろ楽しんでやれるものです。

夢は、家内と一緒に海外でロングステイすることです。

数週間から数カ月の海外での生活が楽しめたら、
と思っています。

生活費が安くて済むアジアの国であれば、
日本にいる以上にいろんな贅沢が出来そうです。

ネットビジネスがいいのは、
たとえ海外にいても継続できることです。

時と場所を選ばないというのはそういうことです。

シニアの方にはぜひ一度検討されてみてはいかがでしょうか。

ネットビジネスでは、
本物のノウハウを身に付けさえすれば、
堅実にかつ継続的に稼ぐことが出来る
と思っています。

 

ハヤトのメンターや仲間と一緒に
成功を勝ち得たい人のご連絡をお待ちします。

-・ネットビジネス 成功の秘訣

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.