「たったの1週間で○○万円」消費者庁からの注意喚起を再度確認します。

投稿日:2019/05/14 更新日:

ハヤトです。

 

「スマホ一つで簡単に○○万円」

「LINEで簡単○○万円」

このような案内を、最近また頻繁に見ます。

 

そこで今回は、

平成31年2月13日に消費者庁より発せられた注意喚起を
皆さんと再共有しておきたいと思います。

「在宅スマホ副業で7日で 20 万円稼げる人続出中!」
などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

というのが消費者庁News Releasのタイトルです。

 

 

 

注意喚起の対象となったのは、

株式会社「トップ」(法人番号 5011001121416)です。

 

注意喚起には、「トップ」と消費者の間でなされたやり取りが、

具体的に例示されています。

その流れを、以下のように要約してみました。

 

まずは、副業で利益を上げているとする女性がSNSを通して、

 

「私も最初は軽い気持ちでした」
「でもその後、たったの1週間で 22 万円」

「今なら、無料モニターを体験できます」

 

と言い消費者を「トップ」のウェブサイトへ誘導します。

 

 

そのウェブサイトには、次のように書かれ、

またこれらとともに、成功事例や体験談も記されています。
「在宅スマホ副業で7日で 20 万円続出中!」

「10 名様限定追加募集!」

 

そして消費者を促して、
無料モニター体験を実施させます。

 

その無料体験の中で行われるのは次のような演出です。

「自動システムが集客を行い、情報商材を送ることにより、

1件につき 5,000 円の報酬が得られますよ」

 

それにより「トップ」は消費者に、自動システムを使用すれば
簡単に稼げそうだと思い込ませます。

 

 

無料モニターが終了した消費者に「トップ」は、

「システム運用のために初期費用が 20 万円掛かるが、
 すぐに取り戻せます。」
 「ほとんどの人が 10 日間で元を取っています。」
 「稼いでいる人は月に 100 万は超えています。」

などと執ように勧誘し、
そして自動システムの使用料の支払を求めます。

 

 

消費者は、10 日間で元が取れるならと信じて、
自動システムの使用料をトップに支払います。

 

 

「トップ」に消費者が支払った金額は、
1万円から 37 万円までの幅がありました。

 

 

「トップ」は次に、
自動システムの使用料の支払をした消費者に、

顧客に販売するための「せどり」のマニュアルを送付します。

 

それを5000円で売るようと、
消費者に自動システムを使用させます。

 

 

消費者は、
「トップ」の指示に従い作業をしますが、

実は簡単に稼げるような仕組みにはなっていません。

以上が「トップ」消費者間のやり取りの事例です。

このような事例に対して消費者庁は、
次のような2点の事実を確認しています。

 

1.「トップ」が消費者に提供するビジネスで
収益を上げた消費者は確認できなかった。
2.「トップ」がウェブサイトに掲載していた
成功事例や体験談等について、
  裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたが、
  それらは提出されることはなかった。

 

 


そして消費者庁は次のように、
消費者に対するアドバイスを送っています。

・多額のお金が必要になることをあらかじめ明示しない
・無料モニターを通じて反響が大きいことをアピールする
・契約時になって突然、多額のお金の支払を求める

 

そんな事業者に十分注意し、お金を支払う前に、
費用の内訳やその適否を書面でしっかり確認すべし、
というものです。

上でお伝えした「トップ」と消費者のやり取りの、
流れが分かる図も消費者庁から提供されています。

ぜひご参考に願います。

ab8d0aa9.jpg

 

特に、「簡単」「誰でも」「○○するだけ」

などの表現があった場合には十分ご注意ください。

 

※参考記事
ネットビジネスにおける詐欺の恐怖
ネットビジネス継続のコツ「何にフォーカスするか!?」
ノウハウ・コレクター回避策(○○の大切さ!)

 

※ハヤトが実践している副業
私が実践中の副業
私が実践している副業・参加して1年の成果

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.