モデル 兼 高齢者介護士の女性の言葉から得た感銘

投稿日:2019/05/09 更新日:

こんにちは、ハヤトです。

 

Yahoo ニュースで、
とても感銘を与えてくれる記事に出会いました。

今回はそれを皆さんにご紹介したいと思います。
(4/11(木) 12:00配信Yahooニュースより)

 

その前に少し私事ですが、

昨年から母が介護を必要とする状況になりました。

私自身もシニアと言われる世代になり、
介護と言う表現にはとても敏感になっていました。

 

以前もご紹介しましたが、
50年近くも前に見た有吉佐和子の
「恍惚の人」の映画を見て以来、
老いることには少なからぬ恐怖がありました。

 

ただ私自身が還暦を越えてシニアと呼ばれるまでは
本当に自分のこととして捉えている
というわけではなかったと思います。

 

しかしこうしてリタイヤし、
周りの知人も皆老いていく中で
いやでも老いることへの恐れのようなものを
身にしみて感じざるを得なくなります。

 

世界一高齢化社会が進んでいる日本です。
どこを見ても 解決の容易でない課題に溢れています。

 

今後の日本が迎える未来に対して、
明るい希望が持てるような
そんな話題に出会うことはめったにありません

そんな中で出会えたのが今回の記事です。

たまたま目にすることができた記事は
私にとってはとても大事な出会いとなりました

 

これを皆さんにもご紹介したいと思います。

 

記事の中でその思いを語ってくれるのは、
上条百里奈さんという、
モデルをしながら介護の仕事もされている美しい女性です。
 
 
「介護は若者に希望を与える仕事だ」
と彼女は言います。

 

 

元々は介護の仕事が好きで、生きがいを感じ、
ある施設に勤めていました。

 

それがたまたま街でスカウトされる機会がありました。

 

その時に彼女が思ったのは、モデルになれば、
これで公共の電波を使って介護のことを
もっと皆さんに伝えることができるのではないか
ということだったと言います。

 

その上條さんこんな経験をしています。

 

ある中学校で生徒に公演した時、
介護福祉の仕事に興味があるかどうかを尋ねたところ
250人中3名しか手を挙げなかったそうなのです。

 

それが公演後にもう一度同じ質問をしたら
250名ほとんどがの生徒が手をあげてくれたそうなのです。

 

彼女は言います。
「介護は高齢者だけのための仕事じゃない」
「現役で働いている若い人のための仕事でもある」

 

「そして介護は若い人の生きがいを作る仕事である」
というのです。

 

彼女の考えは独創的でかつ魅力的です。
「介護の現場で彼女が接するのは
人生のクライマックスを生きている人たちなんだ」
「映画や小説で言うと物語の結末です」
「皆が一番気になるところです」
「そこを幸せにしてハッピーエンドを作るのが介護という仕事」
こんな風に言います。

 

私は思わず熱いものがこみ上げてくるのを感じます。

 

これまで生きてきた人、
頑張ってきた人に
最後に幸せが待っている。

 

これは全ての人にとっての希望となります。

 

みんなが老いることへの恐怖、
老後への不安から解放されるきっかけになるかもしれません。

 

私もシニアに関する記事をいくつか書いています。
そして彼女とは少し異なりますが、
とても共感できる考えだと感じています。

 

彼女は言います。
高齢で歩くのが困難になった人や
もうすぐお迎えが来そうな人からも
人生に対するいろんなポジティブな姿勢を
学ぶことができるのだと。

 

そういう捉え方ができるのも彼女の才能かもしれません。

 

しかし彼女の言うように
人生最後が幸せに皆が迎えられるようになれば
彼女のような才能がなくても
皆がそう感じることができるかもしれません。

 

一頃とは違い今は高齢者に対する環境が
少しずつ改善されているのかもしれません。

 

昨年母が大腿骨を骨折した後に、
施設にお世話になることになり
様々な施設を見て回りました。

 

とても田舎なのですが施設は予想したよりたくさんあります。
それでも需要に応えきれず
なかなか空きが見つからないのです。

特に良い案件だとそれはむつかしくなります。

 

幸いタイミングがよくて、
利用料もリーズナブルな施設を見つけることができました。

 

そこで働いている方々は、
みんな優しい方々ばかりで、
母も毎日感謝して暮らしています。

 

一時はだいぶ認知が進んだかと心配しましたが、
それが逆に以前よりも元気になりつつあります。

 

これはひとえに施設の環境によるのだと思います。

 

親しくできる友達ができ、
優しく頼ることができるスタッフがいる、
こんな環境は母の元気を取り戻させたようです。

 

都会ではなかなか難しいのかもしれません。
しかし状況は少しは良くなっているようにも思います。

 

ただ これがこのまま良い方向に向かう、
と期待することはできません。

 

これからますます高齢化が進みます。
そしてますます働き手は減っていきます。

 

そんな状況では、
高齢者、我々シニアも可能な限り
若い人の負担を軽減する努力も必要だと思います。

それがまずは自分のためです。

何らかの形で社会と形は関わり
少しでも貢献できれば良いと思っています 。

そしてシニアが幸せな姿を見せることができれば、
それこそが若者や社会全体に希望を与える、
そんな上条百里奈さんの思いにもつながる気がします。

 

 


ネットビジネスでは、
本物のノウハウを身に付けさえすれば、
堅実にかつ継続的に稼ぐことが出来る
と思っています。

 

ハヤトのメンターや仲間と一緒に
成功を勝ち得たい人のご連絡をお待ちします。
 

 

 

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.