「はやぶさ2・完璧な着陸」科学とネットビジネスの違いと共通点

投稿日:2019/02/23 更新日:

こんにちは、ハヤトです。

 

 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は22日、

「探査機『はやぶさ2』が同日午前7時29分ごろに
小惑星リュウグウへ着陸したことを確認した」

と発表しました。

 

 

やりました!

はやぶさ初号機に続いての快挙に大感動です。
このプロジェクトに携わった人たちの喜ぶ姿は
とても感動的で、うらやましくも見えました。
 
 
 
そもそも宇宙というのは人類みんなの夢でした。

小さい頃に多くの人が一度は
宇宙飛行士を夢見たことがあるのではないでしょうか。

 

そしてまた多くの人が
宇宙の誕生や宇宙の最果などに興味を持ったはずです。

 

ビッグバン、膨張する宇宙、
なんだかよく分かりませんでしたが、
考えるだけでワクワクしてきたものです。

 

そもそも時間も空間もない、
何もないところから宇宙が生まれた、
とこれが大きく理解を超えるところです。

 

また、
果てしがないと言うことが
人間の頭ではどうしても理解不能です。

 

小さい頃わたしは、
宇宙の果てに行くと壁のようなものがあり
それ以上先に行けないようなイメージをしました。

しかし、
壁自体がそもそも物の存在を意味しますので
その先にもまた何かが存在することになってしまいます。

 

少し知識をかじった頃には、
ビッグバン セオリーというのが出てきて、
もともとは時間も空間も何もないところから
宇宙が生まれたと言われ始めます。

 

果てしのない
ということがイメージできないのと同じくらい、
時間も空間も何もないということを
我々の頭はイメージすることができません。

 

そしてさらに宇宙が膨張している
などという説も現れます。

 

これがまたイメージできません。

空間が膨張するというのはどういうことなのでしょうか?

 

単にどの星と星の距離が 拡大しているのを膨張だ
と言うのであれば、
部屋の中にいくつか並べたピンポン玉のそれぞれの間隔を広げるだけです。
部屋という空間が広がるわけではありません。

 

まだブラックホールの存在が予言されて、
それが発見されるなど、宇宙は、
素人にすら様々な想像力を掻き立ててくれます。
まさに夢の世界のようです。
 

 

 

一方、人々の知識欲あるいは探究心は、
宇宙だけでなく様々な分野にも及びます。

そして、
それが様々な分野の科学技術を発展させてきました。

 

 

10年近く前、民主党が政権与党だった時に、
「仕分け」という言葉がはやりました。

 

その時に、
世界トップを狙うための科学技術予算のあり方に対して
「なぜ2番ではダメなのですか」

という質問が大きな議論を呼びました。

 

 
当時は

1番を狙うからこそ、
そこに従来にはない創造的なアイデアが生まれ、
それが科学技術を進歩させる原動力になっているんだ、
というような思いを持っていました。

 

 
今でもそんな思いは変わりません。

そうでなければ世界中にごまんといる学者や研究者が、
いろんな分野でいろんな形で科学技術論文を発表する必要など全くないはずです。

 

過去の膨大な蓄積に対して、
ほんの1 mm 1ミクロンでもそれに進歩させる、
というのが科学技術の役割だと思います。
それが学術論文になるのだと思います。

しかしこんな考えの延長でビジネスの世界を見ると
道を踏み外してしまうと思うのです。
というよりそもそもビジネスなど始められないですよね。

 

特に私が携わってるネットビジネスは、
2番でも3番でもいいのです。
トップを狙う必要はありません。

とにかく自分より先を行く人の真似をする
これが最も大事だと思っています。

 

 
少なくともそれが成功への近道だと思っています。

 

 

私たちは 小さい頃から知らず知らずうちに、
人の真似をすることが良くない
と教えられてそれが身に付いてるフシがあります。

 

極端な例かもしれませんが、
試験にしても、提出するレポートにしても、
カンニングすることはご法度です。

恥ずかしい行為だともとらえられます。

 

 

しかし実際の社会では、
ビジネスするにしても料理などの技術を学ぶにしても、
まず徹底的に真似をすること、
あるいは盗むことが大事、とされます。

 

 

人の真似をしたり、
あるいは人の技術を盗むのがいけないことだと言う、
身に染み付いた考え方をまず振り払うことが大事なように思うのです。

 

 

私がメンターの指導を受けながら
アフィリエイト始めた当初、

 

早く成果を上げるために最も大事なのは何ですか、

時間をかけることですか、
知識を身につけることですか、

 

と聞いたのに対してメンターは、

 

「私が言った通りにきちんとやることです」

 

と答えたのを今でも強く思い出します。

 

 

ノウハウの関係で、
具体的な事は言えないのですが、
メンターの最初の指示は、

 

「とにかく○○の真似をしてください」

というもので、

 

「それが出来ない人が結局
成果が出るまでに時間がかかってしまいます」

 

「そして成果が出る前に疲れてしまうのです」

 

と言われていたのです。

 

 
最初はその意味をあまりよく理解できいませんでした。

なので必ずしもメンタの指示を忠実に
実行に移すことはしていませんでした。

 

そして初期の段階では必要以上に労力を割き
時間をかけてしまっていたのです。

 

 
それがなければ、
もう少し早く成果が出せたと、
今ではそう思っています。

 

 

今では本当によく理解できます。
指示されたことを指示された通りにやる

これが習い事における基本です。

 

 
何度も繰り返し話題にしてしまうのですが、

習い事はネットビジネスやアフィリエイトなどにしても、
「型」が決まれば徹底してそれに従うことです。

師匠の指示は、理解できなくても
その通りにやるべきです。

 

 
納得しないで従っていたのではダメで、
「型の」中にいるだけでは進歩がない、
というような科学技術の世界とは
大いに異なるところだと思います。

 

 

大事なのは、自分に合った「型」を見つけ、
見つけたら徹底的にその方の「型」に従って訓練することです。
真似るべき対象をしっかりまねることです。

 

 

このことさえ理解できれば、
ネットビジネス特にアフィリエイトで
小さな成功を収めるのは
全く難しいことではないと思っています 。

 

 

はやぶさ2号が着陸に成功した時の、
開発関係者の笑顔はとても印象的でした。

 

彼らの費やしたエネルギーや努力は、
とてつもないものだったと想像します。

それだけに喜びもひとしおなのでしょう。

 

 
それに比べてネットビジネスで地道に成功し
笑顔を勝ち取ることはさほど難しいことではありません。

でもいずれも同じ笑顔なんだ、変わりはないのだ、
と思うのです。

 

 


####################

私は一昨年、投資で大きく失敗し、

それが原因で一時は身も心もボロボロ
の状態にまでなってしまいました。

そこで出会ったのが今の副業です。

 

その時は、
ネットビジネスに関する思いは複雑で、

 

多少の怖さもあって、
参加すべきかどうか大いに迷いました。

しかし、
迷い悩んでリスク回避ばかり考えるより、
行動しないほうがよほどリスクではないか、
との思いから、
思い切って扉をたたくことに決めました。

それは、ネットビジネスに関しては、
何をすればいいのか全く分からないので、どうしても、
どこかで指導を受ける必要があると思ったからです。

それに登録するのは無料だというし、
話を聞くだけ聞いてみよう、
ダメなら断ればよい、と考えました。

 

しかし何事も案ずるより生むがやすしです。

登録後にメンターから電話があり、
会話するうちにすぐに決意は固まりました。
これで食べてゆくんだ、と。

そしてそれ以降、
マンツーマンで丁寧に指導を受けることによって

今では継続的に稼げるようになりました。

 

ネットビジネスでは、
本物のノウハウを身に付けさえすれば、
堅実にかつ継続的に稼ぐことが出来ます。

 

ハヤトのメンターや仲間と一緒に、
成功を勝ち得たいと思われる方からの
ご連絡を歓迎いたします。

 

 

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.