「自らを”没イチ”と呼ぶ人たち」の記事に思う、シニアに必要な心構え

投稿日:2019/02/08 更新日:

こんにちは、ハヤトです。

 

 

2/7配信のYahooニュースの記事が目にとまりました。

 

 

記事は、
 
「4年前に発足した没イチ会には、
配偶者を亡くした50〜80代のメンバーが男女合わせて13人いる。
会の主な活動は数カ月に1回開かれる”飲み会”だ。
同じ境遇の者同士ならではの話題で盛り上がる。」
 
という書き出しで始まります。
 

 

 

そして、
 
「妻を亡くした喪失感から
立ち直るまでに長く苦しんだ。
 
妻が亡くなってしばらくのことは、
よく覚えていない。
自分が自分でないような感覚で、
とにかく何もやる気が出なかった。
「もぬけの殻」状態だった。
そして会社に辞表を出した。」
 
というメンバー(59)が紹介されます。

 

 

 
また8年半前に妻を亡くした男性(64)は、
 
「パートナーを亡くせば、
誰もがそのショックや悲しみから
自分の世界に閉じこもりがちになる。
だからこそ”社会との接点が大切”だ」
 
さらに、

 

「”努めて外に出るようにした”
ことで自分の人生を取り戻した。」
 
と語ります。
 
 
 
メンバーの女性には、
 
「7年半の闘病の末、夫は死去。
女性が48歳のときだった。
夫の死後、彼女に待っていたのは、
夫の両親の介護だった。
認知症になった姑を看取った翌年に、
今度は舅が認知症に。」
 
と告白する方もおられます。

 

 

 
そして記事は、
 
「『没イチ』という言葉の捉え方も
いろいろあることはわかっています。

 

軽い言葉だと受け止められるかもしれませんが、
配偶者を亡くした人たちの気持ちを
少しでも理解してもらえるきっかけになれば、
と思っています」
 
という代表者の言葉で終わります。
 
 

 

 
ここに紹介された人たちに限らず、
長年連れ添った伴侶を亡くされた方の気持ちを思うと
本当に胸が締め付けられる思いがします 
 

 

 

少し話は飛びますが、
10年か20年以上も前に、
あの「知の巨人」と言われる立花隆氏が
臨死体験の研究を精力的にされていた時期があります
 

 

 

立花隆氏の研究もそうですが、
世の中には死後の世界を想像させる
いくつもの事例があるといいます。

 

 

 
そして中には、
死後の世界があると想定しないと
他に説明がつかないような事例もよく紹介されます。
 

 

 

しかし実際にそれらが死後の世界の証明
とみなせるような裏付けは、
永遠に得られない類のものかもしれません。
 

 

 

私はかつて
脳手術の患者が覚醒している状態で
その患者が脳の一部を刺激され、
その患者自身が
「臨死体験と同じような映像が見えている」
と証言しているテレビ映像を見たことがあります。
 
 
戦前あるいは戦中のドイツかどこかのものだったと思います。
 
 
いろんな意味で大変ショッキングなものでした。
 
 
患者が覚醒したままで
実際に側頭部のある一部が刺激されると
臨死体験によく言われる光景である
光につつまれたり、あるいは、
お花畑の中をすでに亡くなった人が迎えに来る
そんな映像を見る、というのです。
 

 

 

それ以来私は臨死体験というのは
脳の一機能としてプログラムされたものである
という考えに共感を覚えるようになりました。
 
 
 
その一方で、立花氏の著作を読み、
また関連の書籍を物色していた折に、
飯田史彦氏の「生きがいの創造“生まれ変わりの科学”」
と言う本に出会いました。
 
 
飯田氏は当時福島大学の先生をされており、
「死後の世界」を彼独自の考えで捉えていました。
 
 
 
つまり死後の世界がある、
と思うことで救われる、
あるいは安らぎを感じられるのであれば
死後の世界は「ある」とするのが合理的だ、
というのです。
 
 
 
そしてそのような人々の気持ちに寄り添い、
その立場から 数多くの書籍を出されています。

 

 

 
実際に飯田氏の書籍や活動に慰められたり
力づけられたりした人は大勢いると言います。
 
 
 
確か「生きがいの創造」だったと思いますが
その本の中で子供を亡くされた夫婦が紹介されていました。
 

 

 

その夫婦は深い悲しみに暮れていましたが、
ある時「飯田史彦氏に会いに行こう」、
そう決意し電車に乗る行動を起こすことで、
その悲しみに前向きに取り組むことができた、
そんな様子が描かれていたのです。
 

 

 

そのくだりを私は何度も読み返しました。
そしてその度に溢れる涙をこらえきれませんでした。
 

 

 

愛する人を亡くした深くてつらい悲しみがあり、
そしてその悲しみを乗り越えるための
一縷の希望を見出した時の気持ち、
それが私にも、
悲しみと同時に言いしれない感動を与えてくれました。
 
 
 
人は年をとるごとに辛いことも楽しいことも
いろいろ経験を重ねて行きます。

 

 

 
そして年を追うごとに、
いくつもの別れを経験しなければなりません。

 

 

 
自分の親兄弟、友人そして配偶者、
必ず別ればやってきます。
 

 

 

その悲しみの乗り越え方は人それぞれでしょうが、
死後の世界でまた会えると考えたり、
飯田史彦氏に会いに行こう、
そう思うことで乗り越えられる人もいるでしょう。

 

 

 
そんな状況など想像したくもない、
というのが正直な気持ちではありますが、
でもどんなことがあっても
それを乗り越えるぞという心構えは持っておくべきだとも思います。
 
 
 
多くの悲しみや悩みを抱えた場合には、
考え方ひとつで、
それまでとは違った世界が見えてくるものです。
 
 
それによって悲しみを乗り越えられる
ことがあるのも容易に想像ができます。
 
 
 
年を取ると経験値は増しますし、
知恵もついてきますので、
それなりの解決策は見つけられるものです。
 
 
たとえそれが困難な場合にも、
時間がある程度助けになってくれるはずです。
 
 
 
しかし考え方次第という面はあるにしても、
また時間の助けが借りられるにしても、
それだけでは限界があることも事実です。
 
 
 
例えば金銭的な問題です。 
私は現役時代には幸いさほど金銭面での苦労は感じないで済みました。
 
 
しかしリタイヤしてからの投資の大失敗で、
年を取ってからの金銭面での問題が
生活面だけでなくいかに身体的にも精神的に
も深刻な影響でを与えるものなのか
身にしみて経験することになりました。
 
 
 
そして苦しみ抜いた挙句に、
ようやく私は今の副業に巡り会うことができました。
 
 
しかしそれでも簡単に、
すぐに金銭面での不安が消えたわけではありません。
最初の数ヶ月は全く無収入です。
 
 
ここで音を上げる人が多いと言われます。
しかし幸い私の師事するメンターのおかげで
大きなストレスもなく、この期間を乗り越えることができました。
 
 
この点はとても幸運だったと思います。
ここではない別の塾を選択していたら
と思うとぞっとします。
 
 
おかげで今は継続して安定した収入を得ることができています。
私にとってこの価値は計り知れないものがあります。
先ほどもお話ししましたように、
生活面それから心身面では言いようのないくらいの
安心感を与えてくれています。
 
 
 
そしてさらにありがたいのは
ブログを書く作業や、
メンターから指導を受けて副業関連の知識を増やして行ける
ということ自体に、やりがいや生きがいを
強く感じることができるようになったことです。
 
 
サラリーマン生活だけしか体験せず、
また悠々自適のイタリア生活を送っているだけでは
このような充実感は得られなかったかもしれません。
 
 
こんな状況にむしろ感謝し、
この状況を末永く継続できるよう
まずは心身面での十分なケアを施して行かなくては
と思っている次第です。
 

 

 

 

 

 

 

 

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.