近くにあっても気付かない「チャンス」と「幸せ」

投稿日:2019/02/05 更新日:

こんにちは、ハヤトです。

 

 

 

一週間ほど前の毎日新聞の記事でに、
天井で冬眠中のコウモリについての記事を見かけました。

 

岩手県の宮古市にある県立水産科学館の天井に、
コウモリが居ついて、入館者の人気者になっている
というお話でした。

 

この記事で思い出したのが、
十数年前の私のコウモリ体験です。

 

 

 

私は中国地方の瀬戸内海沿岸に住んでおり、
周りは田んぼに囲まれています。

 

 

このためいろんな動物に遭遇します。

 

 

カエルやヘビは季節になると
そこら中でよく見かけます。

 

田んぼ用の水路には、
ミドリガメなども多く生息していて、
自転車で近くを通りかかるたびに
急いで逃げるのか水の中に飛び込む、
「ぽちゃん」という音をよく聞きます。

水面から頭をのぞかせて、
水中で手足をユーモラスに動かす
亀泳ぎもよく目にします。

 

またサギも多く観られ、
かなり近くまで寄って行っても
なかなか逃げないくらい人間にはだいぶ慣れています。

 

うちの小さな庭には、
スズメやハトはもちろん、
名前を知らないのですが綺麗な色彩を持つ鳥が
何種類がよく姿を現します。

 

 

 

それがある時窓を開けていると、
レースのカーテンに何かがぶつかる気配がしました。

そのままそれにしがみついている小動物がいて、

よく見るとそれはコウモリだったのです 。

 

 

なかなか愛嬌のある顔つきをしています。

じっとしていたので両手でそっと抱きかかえると
意外と柔らかい毛に覆われており
小さく暖かい命を感じることができました。

 

 

 

そっと放してやると、
なにかユラユラといった感じで飛び去っていきました。

 

 

私も田舎で長年暮らしてきましたが
実はコウモリを手に取って、
間近で見るという体験は初めてだったのです。

 

 

そもそもコウモリの存在自体を
それまでほとんど気にしたことはありませんでした。

 

 


しかしこの体験の後よくよく思い出してみると
夕暮れの空を明らかにスズメの飛び方には見えない、
複数の飛行物体が一緒になって空を飛び交っているのを
よく見かけたことを思い出しました。

 

 

おそらくあれがコウモリなのだと思います。

 

 

冒頭にご紹介した記事にもありましたように
コウモリのネグラは比較的我々の身近にあり ます。

 

 

家の雨戸の狭い隙間の上部に
コウモリが複数寝泊りしているのを
あのあと発見したりもしました。

 

 

 

それまで身近に存在するとは思っていなかったものが
実は案外身近に存在していた、という体験は、
私にとってはなかなか新鮮なものでした。

 

 

今思うと、コウモリに限らず、
身近にあるのにそれを感じずに過ごしている
というものは他にもいろいろありそうです。

 

 

そう思って身の周りを見渡してみると
確かにいくつか思いつきます。

 

よく言われるのが幸せ、ですね。

 

 

例えば食べることに困らず、
安全に暮らしていける日本に生まれ住んでいること、

それは世界中で飢えに苦しんでいる人々や
戦乱の最中に住む人々のことを思えば確かに
とても幸せなことだと思います。

 

 

 

この世に生を受け、この世でいろんなことを体験でき、
それを感じられることは
おそらく奇跡のような幸せなんだとも思います。

 

 

私にとっては、

二人の子供に恵まれたこと
家内がそばにいてくれること
一緒に音楽を楽しむことができる仲間がいること
健康でいること
この副業とメンターに出会えたこと
やりがいと希望を持てること
これまで大病せずにこれたこと

数えだせばキリがありません。

 

 

あまりにも当たり前すぎて
見ようとして見なければ
普段は見ることも感じることもできないかもしれません 。

 

 

 

そしてよく言われることではありますが、
幸せのひとつひとつに目を向けて、
そして感謝の気持ちをもつこと、
これはとても大切なことだとあらためて思います

 

 

他にも努めて見ようとしなければ見えてこないものはあります。

チャンスや希望などが案外そうではではないでしょうか。

 

 

 

リスクや心配事や後悔などは、
努めて見ようとしなくても見えてきてしまいます。

 

そうなると、
心はそれに支配されてしまって、
幸せやチャンスや希望などは
なかなか見るのが難しくしてしまうものです。

 

 

 

それだけに身近にあっても隠れてしまっている
チャンスにも、強いて目を向ける必要があると思います。

 

 

そしてそれは頭の中で考えるだけでは
なかなか見つけることができない気がします。

 

 

私の場合ですと、
最近得られたチャンスや希望と言えるのは、
一緒に音楽活動できる仲間との出会い
卓球との出会い
そして副業との出会い
などだと思っています。

そしてこれらは
とにかく行動した結果として得られたものです。

 

 

考えてばかりいたのでは得られなかったものだと思います。

 

 

確かにひらめきやヒントのようなものはありましたが、
それだけでは次には進めなかったと思います。

 

 

 

行動を起こすことが始まりでした。

 

 

親父バンドの仲間に巡り会うためには、
ネットで調べそして実際の活動場所に何度も足を運びました。

 

 

公民館活動を色々調べたり見学参加したりしてるうちに
卓球倶楽部を見つけることができました。

 

 

副業にしても同じです。

 

投資で大きな失敗をしていたので
ネットビジネスに対してはだいぶ警戒しました。

しかし、
リタイヤの身では再就職活動が難しいこともあり
思い切ってネットの世界に飛び込んだことが
チャンスをつかむきっかけとなりました。

 

 

失敗もありましたが
それでもやはり覚悟を持って、
リスクを取って行動したこと、
これがやはり正解だったと感じています。

 

 

そして今はつくづく、
幸せは感じるもの
チャンスは行動して掴むもの
こう思っています。

 

 

副業という、
今の私の最も大きな課題に対しては、

インターネットを使える環境にある
という幸せをしっかり実感することです。


その中で自分に合ったチャンスを掴み取ると言う
行動を起こすことです。

 

今後ともこれを継続することで、
自分の世界を広げていけるのだと思っています。

 

そして、

ひとつずつ一歩ずつでいいのだ、
と言い聞かせます。

 

 

ネットビジネスでは、
本物のノウハウを身に付けさえすれば、
堅実にかつ継続的に稼ぐことが出来ます。

 

ハヤトのメンターや仲間と一緒に、
成功を勝ち得たいと思われる方からの
ご連絡を歓迎いたします。

 

 

 

 

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.