私の投資の大失敗

投稿日:2018/05/23 更新日:

ハヤト です。

今ではわずかながらも
勝てるようになった投資なのですが

一時は身も心もボロボロになるくらい
損失が膨らんだこともあります。

抗うつ剤の助けが必要なほどでした。

今回は
その投資を始めた理由と顛末を
お話ししたいと思います。

①始まり
は2007年のリーマンショック前でした。

50歳も間近になって
会社でもお先が見えて来た頃でした。

給料はこれもう上がらないだろうし
老後にも備えなければ
という思いでした。

景気はよかったので
少しあった貯金を一般株に投資しました。

雑誌で買いが推奨されていた銘柄を
大した研究もせず、
ただ買ってみただけでした。

それが結構儲かったのです。
まさにビギナーズラックでした。

②最初の挫折
はお決まりのコースで
調子に乗って買い増ししたところに
サブプライムローン問題やら
リーマンショックで
ドカンと下落。

絵に描いたような転落と大赤字でした。

③転機
そのうち予想通りに関連会社に移籍
給料は4割減の左遷で
しかも労働環境は4割以上の悪化です。

朝5時半に家を出て、帰宅は21時過ぎ
そんな生活が続いていました。

ただし50歳過ぎての移籍なので
前の会社から退職金がもらえました。

それを見て
よしこれを元手に投資で増やそう
と思ったのが大きな間違いだったようです。

ネットで調べて投資ノウハウのDVDを
買いました。

④ノウハウコレクターへの道
そこがノウハウコレクターへの
出発点です。

その時は楽しかったですね。
寝る間も惜しんでそれを勉強しました。

そして訓練も積まぬまま
いきなり実弾投入です。

勝てない → 新ノウハウ購入
→ いきなり実弾投入
→ 勝てない → 新ノウハウ購入

この繰り返しが始まりました。

負けるたびに反省し
ノウハウを購入しました
その代金は数百万円になります。

そのたび本も買いました。
純統計理論書もありました。
高額で難解なものもありました。

全部合わせると300冊は
下らないはずです。

よく勉強したものだと思います。
勉強だけはですが...

⑤デイトレ参戦
最初は一般株だったのですが
そのうち日経225先物に手を出しました。

225は夜間も3時まで出来るようになったので
夜ではありますが
デイトレ開始です。

帰宅後、夜中にやるわけです。

負ける → 取り返そう → さらに負ける

を繰り返し、
そのストレスで吐きそうになりながらも
投資を続けました。

気が付くと損失は〇百万円
数時間の投資でです。

大馬鹿ですね。

仕事では消耗し
投資ではストレスをため

これでよく続けられたものだと
ほとほとあきれてしまいます。

⑥いよいよリタイヤ
仕事の疲労と
投資の心労が原因で

腰痛がひどくなり
仕事も辛くなって
60歳でリタイヤを決めました。

周りは65歳まで働く人が
ほとんどでした。

しかし私は
辞めて投資で食っていこう
と決めたのです。

⑦リタイヤ後に待っていたもの
辞める決意をしたときは
まだ蓄えが残っていました。

投資で負け続けているにも関わらず
それこそ根拠のない自信がありました。

それは一言でいうと
「投資でやっていけないことは
すべてやった
あとはそれをやらなきゃいいだけ」
今から考えると無茶苦茶な発想です

勝負事は何でも
負けて学んで
勝って覚える
のが基本です。

それにはできるだけ負けない
ことを最優先して
勝つ経験を増やしてゆく
ことか大切です。

なのに私の場合、
負ける方法だけ
トコトン学んで身に付くまで
覚えこんでしまったのです。

身に沁みこんだものは
なかなか拭い去れません。

⑧投資とダイエット
投資はちょうど
ダイエットに似ています。

やることは簡単です。
決めた以上に食べない
それだけです。

でも本能に負けて欲望に負けて
決めごとを破ってしまいます。
すると終わりです。

投資も同じです。
決めたルールを守ればよいだけです。

でも本能に負け
ルールを破ると
いつまでたっても勝てません。

またダイエットが
少しづつ食べるのを減らし
時間をかけて実行すればよいように

投資も
投資資金を少なくして
少ない利益でも
時間をかけて増やしてゆけばよい
ところも似ています。

一気にダイエットしようとすると
リバウンドの恐れが高まります。

一攫千金を狙うと
その時勝てたとしても
その後の一度の負けが
致命傷となって
立ち上がれなくなります。

この点も大変似ています。

⑨うつ発症そして復活
投資を始めてから
とくにデイトレのストレスを
何とかしなければ

ということで
瞑想や自己暗示を学び
毎日実践してました。

でもそれにも限界がありました。

投資自体のストレスと
どんどん減ってゆく蓄えと
将来に対する不安
それが一気に爆発しました。

1年と少し前のことです。
朝4時ころ突然目が覚め
いてもたっても
いられなくなったのです。

そのままにしていると
正気を失ってしまう
そんな恐怖です。

家を出て暗い中を歩き回りました。
がむしゃらにです。

うつの症状として
死にたくなる
と言うのがあります。

あれは正確な表現ではないと思います。

とにかく苦しいのです
不安と恐怖です
この状態に耐えるくらいなら
死んだほうがましだ
実際にはそんな気持ちです。

思い切って家内にも相談し
すぐに病院に行きました。

幸い抗うつ剤が効いて
2週間くらいで症状は軽くなり
3カ月でほぼ治まりました。

早い受診が良かったのと
その間投資は一切やめて
運動をしたのと
マインドフルネスに専念
したのもよかったと思います。

薬はしばらく続けましたが
今は一切飲まずに済んでいます。

もう二度とあんな経験は御免ですね。

⑩儲けようと思わぬことが儲ける道
恐る恐るでしたがすぐに投資を
再開しました。

結果は意外と
着実に勝てるのです。

原因も単純です。
先ほどもお話ししたように
勝てるところでしか
参戦しなくしたのです。

何故いまさらそんなこと
と思われるかもしれません。

でも
精神的負担を軽くするため
ごくごく少額の投資に変えたのです。

そして
儲けようとして
どんな値動きも取ってやろうと
欲張って何でもかんでも
エントリーする
ということをやめました。

つまり
儲けようと思わないことで
焦りや欲を抑えることができ

優位性の高い勝てるとこだけを
じっくり待つことが出来たのです。

しかも
少額の投資にしましたので
負けてもあきらめがつきます。

すると
ルールを守るのが楽になったのです。

以前は1日最低10万円を目標に
と欲張ってましたが
今は1月10万円でも十分
と思えています。

⑪補足(投資は簡単で難しい)
今思えば投資は
・ものすごく簡単であり
・ものすごく難しいもの
と言えます。

禅問答の様ですみません。
しかしそれ以外に表現が難しいのです。

まず
何故ものすごく簡単なのか、ですが

今私が実践しているように
勝てるところだけ参戦する、
資金稼働率を低くする
それだけだからです。

それが出来りゃ世話ないじゃないか
と言われればそうなのですが
実はやはり簡単なのです。

世の中に優位性の高い投資手法は
山ほどあります。
簡単なものから
複雑なシステム投資までです。

もっとも有名で単純なのが
あの伝説の集団タートルズの手法です。

4年半で平均80%以上を叩き出しました。

どんな高度な手法を使ったのだろうかと
みんな興味津々だったのですが

明かされてみると
その手法は意外に単純で

「直近40日間の最高値を
上回った時点で買い、

直近の20日間の最安値を
下回った時点で決済」

と言うものだったのです。

誰でもできるルールだし
ただそれに従えばよいのです。

難点は、この手法も含めて
優位性の高い手法は
その出現頻度が低いだけです。

次になぜ難しいかですが、

投資は確率の勝負なので
決めた優位性の高いルールに
従えば良いだけなのですが

投資は大事な大事なお金を扱います。

なのでついつい余計なことを
やってしまうのです。

ルール違反です

負けると取り返そうとむきになり
勝つと辛抱できずに
少しの利益で止めてしまう
こういう人間の本能に従って行動します。

こうやってルールを無視しだすと
後は地獄に向かって真っ逆さまです。

ちょっと横道にそれましたが

⑫今後は
大きな犠牲を払って
ようやく身に付けた投資技術なので

細々と続けてゆこうと思います。

が既に重心は
資金ゼロ
低リスク
低ストレスの
「今実践中の副業」活動に
移しつつあります。

こちらを頑張ってゆきたい
と思っています。

※2018年12月現在では、
アフィリエイトのみで月に30万円
は継続して稼げるようになりました。

やはりこのような基盤が出来ていないと
投資に向き合うことは困難です。
今更ながらに痛感しています。

投資は資金が必要で
リスクをとるのが前提です。

技術を身に付けるには
十分な時間と努力も必要です。

覚悟をもってやれる人には
とても合った副業になる
可能性はあります。

 

 

 

 

 

-・在宅ネット副業「日記 ほか」, 注意喚起

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.