今こそ再認識すべき「日本は災害大国」

投稿日:2020/04/08 更新日:

東京に住む私の友人が、
5日経っても高熱が収まらないため、
保健所の指示により、かかりつけの病院を尋ねるはずでした。

 

しかしそこも含めて、診てくれる病院はなかなか見つからず、
ようやく今日昼前に病院を探し当てました。

 

5日も高熱が続いているのです。

 

奥さんも、高熱を発しています。

 

食事や洗濯もままならない苦しい状況です。

 

にもかかわらず、病院は、
「コロナの検査は出来ない」
と言うのです。

 

保健所が検査に追われて、
この先いつ検査できるかわからない、
と言うのです。

 

病院の医師は、
親身になって一生懸命保健所に掛け合ってくれたそうです。

 

それでも埒が明かない、
こんな状況です。

 

信じがたいことが、いま東京で起こっています。

 

「とにかく夫婦ともに入院させてくれ」
と懇願したにもかかわらず、
さらに重篤化しなければ受け入れてもらないというのです。

 

つい先程も、ヤフーニュースで、
「東京都で新たに144人の感染を確認」
と流れてきましした。

 

しかしこの数値はほとんど意味のないものです。

 

私の友人夫婦のように、
5日も高熱の状態にあって、
「すぐにでも入院させてほしい」
と願うほどの苦しい状況の人たちが、
なんとPCR・コロナ検査を受けられずにいるのです。

 

圧倒的に「検査能力が足りていない」状況です。

 

こんな中での「144人の感染者数」意味はありません。

 

すでにオーバーシュートは起きています。
私の友人はそう断言します。

 

今後、医療崩壊が起こるのは間違いない、
とも言います。

 

簡単に料理できる食料品、体温計、
栄養剤、解熱剤他、色んなものを送ってやりました。

 

しかしそれ以上のことはしてやることが出来ません。

 

事なきを祈るしかありません。

 

考えてみると、
「日本は災害大国」と言われます。

 

コロナの危険がなくても、
常に地震、大雨、台風の危険が存在します。

 

東南海大地震はいつ起きてもおかしくありません。

 

大雨、台風もしかりです。

 

コロナ危機が収まらぬうちに、
次の災害が襲ってくる恐れがないとは言えません。

 

目の前の危機だけでも厳しい状況なのに、
ダブルパンチ、トリプルパンチに見舞われたら、
と思うとまさに恐怖です。

 

そうなってからでは遅いです。

 

今以上に職や、住まいを失う人が出てくるはずです。

 

今のうちにできることをやっておくことが大事です。

 

あとから後悔しても遅い、
この言葉をしっかりと受け止めたいと思います。

 

食料や医薬品の備蓄、
自己免疫力を高める健康維持、
それから、在宅でできる収入源の確保。

 

いずれもすぐに行動すべきではないか、
と思います。

 

幸い私は今の師匠のもとで、
完全在宅での稼ぐ力を身につけられました。

 

しかし、更にそれを盤石にすべく、
より一層努力しなければ、と考えています。

 

※関連の記事
● アフターコロナ「もう元通りにはならない」のか?
コロナウィルスに対する最強の武器?

 

私が実践中の「在宅ネット副業」とは?

 

※私の副業実践記録
実践して 2年目 の成果
実践して 1年目 の成果
実践して 2ヵ月 の成果

 

※下記からお問い合わせ、あるいは無料会員登録いただければ、ハヤトがより詳細な情報をお伝えします。なお、ご登録、お問合せには、順次返信メールをお送りしますが、迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、ご確認をお願い致します。

お問い合わせ・メッセージはこちら

無料会員登録 はこちら

-・在宅ネット副業「日記 ほか」, 私の健康、マインド, 私の副業への思い

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.