食べ物にも困る!? そんな悲痛な訴えに・・・

投稿日:2020/04/17 更新日:

「食べ物にも困る」 新型コロナで追い詰められる無名テニス選手

と題したヤフーニュースが一昨日配信されました。

 

とても気になるニュースです。

 

私はテニス観戦が好きで、大坂なおみ選手のファンでもあります。

 

以前、彼女に関する次のような記事も書きました。

● 大坂なおみ選手、ネットビジネスにも通じる強さの秘密
● 大坂なおみさん、三浦雄一郎さんの偉業に感動! 日本人、シニアの希望!
● 「大坂なおみ選手の肌を白く描く」 の記事に思う残念な日本企業の体質

 

大坂選手は、今はやや不調で、ランキングをずっと下げてしまっていますが、一時はランキングトップまで上り詰め、そのプレイ自体や、愛らしい言動で私達日本人を大いに楽しませてくれました。

 

しかし考えてみると、我々が彼女達のハイレベルのテニスの試合を楽しめるのは、その選手層の厚さあってのものですよね。

 

これまでそんなことは、あまり考えもしませんでした。

 

しかし今回のニュースは、女子テニス世界ランキング「370位」の選手の話です。

 

彼女の名前は、ソフィア・シャパタワ、ツアー歴16年の31歳ベテラン選手です。

 

ソフィア・シャパタワ選手は、これまで約1500試合に出場し、約4000万円の賞金を稼いできました。

 

それが今年に入っては、約30万円ほどしか稼げていないといいます。

 

しかし彼女うはまだマシな方だと言うのです。

 

世界ランキングがついている選手は、男女ともに1000人を超えます。

 

その中には、今年わずか1万円も稼いでいない選手もいると言います。

 

とても厳しい世界なのですね。

 

裕福なのはトップの100位くらいまでの選手だけだそうです。

 

そこに来て今回の「コロナウィルス」です。

 

地方の大会出場や、
コーチなどをやってかろうじて食いつないできた選手たちが、
「集会を禁止」措置などにより、そんな収入源まで失っているといいます。

 

シャパタワ選手は、ブログで次のように訴えています。

 

「世界ランキング250位以下の選手は2、3週間もすれば食べ物も買えなくなる」

「このままでは私のスポーツが死ぬ。テニスが死ぬ。ランク150位以下の選手は現役を続けられなくなる」

 

しかしこの訴えが、国際テニス連盟(ITF)に聞き入れられる見込みは薄いようです。

 

コロナで職を失い、苦しでいる人は大勢います。

 

また世界中にいます。

 

テニス界だけではありません。

 

すべての声を拾い上げるわけには行かないことも当然です。

 

行政だけに頼るのは無理だと思います。

 

なんとか個人の力を結集して、事にあたることは出来ないのでしょうか?

 

ネットビジネスに携わっているおかげで、今後社会がどう転んでもやっていけるという安心感がありますし、こんな状況においても私には多少の余裕はあります。

 

しかしそれは、たかが知れたものでしかありません。

 

なんともやりきれない気がします。

 

もっと力をつけて、こんなときこそ役に立てるように、
と、少なくともそんな気持ちで頑張りたいと思うばかりです。

 

● アフターコロナ「もう元通りにはならない」のか?

 

私が実践中の在宅ネット副業「福徳の会」とは

 

下からご登録いただいた方には、メールでご都合を確認した上で、
電話で20分程度の打ち合わせが可能です。

 

これは「無料電話コンサル」となります。
何でもご相談いただければと思います。
ぜひご活用ください。

 

お問い合わせ・メッセージはこちら

無料会員登録 はこちら

※ご登録、お問合せには、順次返信メールをお送りしますが、迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、ご確認をお願い致します。

 

私の副業実践記録
3日坊主の私が継続できている副業
実践して 2 ヵ月 の成果
シニアの私にも手が届く、夢と希望と副業と
一歩ずつ、一つずつ、の大切さ

-・在宅ネット副業「日記 ほか」, 私の副業への思い

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.