THE カラオケバトル U-18歌うま甲子園 四天王争奪戦 AI導入って?

投稿日:2019/11/18 更新日:

ハヤトです。

 

今日は、
毎回楽しみにしている「カラオケバトル」が放映されました。

 

特にU-18、18歳以下のメンバーが競うカラオケバトルは、
最も大好きなプログラムです。

 

数あるタイトル戦の中でも、
最も期待度の高いのがU-18大会でした。

 

ただ、これまで18歳以下だった堀優衣さん、元永航太さんらが、
もはや高校卒業してしまっているのはとても残念です。

 

それでもまだまだ有望な若者が育っており、
U-18のレベルをキープしてくれていますし、
毎回見るたびに期待を高めさせてくれます。

 

今回も個人的には、
演歌の得意な藁品錬秀さんや、
美空ひばり大好き小学生の、梅谷心愛さん、
を応援していました。

この二人は残念ながら優勝できませんでしたが、
撮っていたビデオを繰り返し見ることになりそうです。

 

十分期待に答えてくれ、感謝するばかりです。

 

うまい、その一言につきます。

 

ところで今回からはAIによる評価、というのが加わりました。

 

人が感じる快さをAIに学習させ、それで評価する、
というもののようです。

 

世の中は、AIバヤリです。

 

しかしカラオケバトルの「AI」もそうでしょうが、
本来の「AI]というのとはだいぶ違います。

 

本来のAIは、自ら学習してゆく、
という人間に似た機能を有するものです。

 

しかし巷で言うAIは、
人間の思考パターンをプログラム化しただけ、
のものがほとんどです。

 

似ているように思われるかもしれませんが、
その違いは明白です。

 

本物のAIは、ほっておいても学習します。
そのため、開発には国家予算レベルの莫大な費用が必要です。

 

その一方で、巷のAIは、そんな機能はありません。

 

単に人間の思考パターンを組み込んだだけ、
つまり、プログラムを組んだ人の思考パタンをマネするだけ、
のものです。

 

自ら学習して進化する機能はありません。

 

そこが本物と「なんちゃって物」との違いです。

 

ならば今回の、
カラオケバトルのAI機能、とはどうなんでしょうか?

 

「大勢の人が心地良いと感じる音声を評価し得る」
とはいいますが、所詮はプログラマーの「偏見」が少し反映されたもの、
に過ぎないはずです。

 

もっと厳しく言うと、
プログラマーの能力を反映しているに過ぎないもの、
と言えるもののはずです。

 

ちょっといい過ぎかもしれません。

 

応援していた藁品錬秀さんや、
梅谷心愛さんの評価が低かったので、
ちょっと腹いせ気味の評価になってしまっています。

 

でも少なくとも「AI」だからといって、
過大に評価するのはどうかと思います。

 

人の好みはそれぞれです。

 

ハスキーな声を好む人、
透き通った声がいい人、
細い声、太い声、高音の響く声、低音の響く声、
いろんな好みがあります。

 

それを十把一絡げにして評価する、
それ自体が土台無理なのかもしれません。

 

しかしでも、
いつもカラオケバトルの点数評価はほぼ納得ゆく物になってはいます。

 

私の想像を超えた技術の進歩があるのかもしれませんし、
さらなる進歩を遂げるのかもしれません。

 

いずれにしても、
「カラオケバトル」の存在が、
人々の、特に若者の歌の巧さを向上させてくれ、
それを世に知らしめてくれているのは間違いありません。

 

その存在に感謝です!

 

ところで、いつもは放映後、動画がすぐにアップされるのに、
今回はなかなかアップされません。

 

ひょっとして、
12/10からのYouTube の規定改正が影響しているのでしょうか?

 

戦々恐々としてる人も多いのでしょうね。
無料のプラットフォームに依存するのは危険、
ということなのでしょうか。

 

考えさせられます。

 

 

ネットビジネスは、
「楽して簡単に」「一攫千金を」と思うと失敗します。

 

そう願えば願うほど、
怪しい案内の餌食になってしまいます。

 

しかし、
「地道に、堅実に」と思って探せば、
必ずいつか本物に巡り会えます。

 

もしあなたがそうお考えであれば、
何時でも気軽にご相談下さい。

 

丁寧に返信させていただきます。

 

ハヤトへのお問い合わせはこちらからどうぞ。
(お問い合わせ・メッセージからでも結構です)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

※お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを遅らせて頂きますが、
返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、
ご確認をお願いします。

 

※ハヤトが実践している副業
私が実践中の副業

 

※参考記事
副業の成功にも必要な Win-Win の思考法
守破離 の教え、型なしから型破りへ
「問題は自分以外にある」という考えの問題点

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.