河野一勢 ソロモンブレイン「口座の資金が1000倍へ」とは増えない理由

投稿日:2019/11/04 更新日:

ハヤトです。

 

初心者でも年収1億円超え続出中!
だれでも出来る超簡単な作業で、
口座の資金が10倍→100倍→1000倍と爆発的に増えてゆく、
と謳う、河野一勢氏のソロモンブレインを検証します。

 

ビジネスモデルは、投資のノウハウの案内です。

 

1.河野一勢 ソロモンブレイン|口座の資金が1000倍へと爆発的に増えない理由

案内には、
初心者でも年収1億円超え続出中!
だれでも出来る超簡単な作業で、
口座の資金が10倍→100倍→1000倍と爆発的に増えてゆく、
と書かれています。

 

このような表現では気をつけなければならない点が、
いくつかあります。

 

1つ目は、「初心者でも」の表現です。

 

それは、初心者の中にはそう出来た人がいたとしても、
それが、「だれでも出来る」ことを意味しないことです。

 

初心者でもうまく絵を書く人もいますし、
上手に俳句を作る人もいます。

 

しかしだからといって、
誰もがそうできる訳でないのと同じです。

 

2つ目は、「続出」という言葉です。

 

100人が実践して、
そのうちの2人だけが続けて何かを達成すれば、
「続出して達成した」と言えます。

 

要は、何人が実践して、
そうなったのが何人なのかが示されなければなりません。

 

3つ目は、
「口座の資金が10倍→100倍→1000倍と爆発的に増えてゆく」
との表現です。

 

少なくとも、
「全員の口座の資金が・・・爆発的に増えた」
と言っているわけでも、
「全員の口座の資金が・・・爆発的に増えることを確約する」
と言っているわけでもないことにご注意下さい。

 

このような案内ではいずれ、
特商法に基づく表示がなされます。

 

そこで通常は、
「利益の保証はしない」と明記されます。

 

その文言をしっかりと確認することが大事です。

 

2.河野一勢 ソロモンブレイン|ソロモンブレインのロジックと注意点

今後の展開は、
・第1話 河野一勢とは、ソロモンブレインとはどんな稼ぎ方?
・第2話 ソロモンブレインの秘密と本質
・第3話 ソロモンブレインのロジック
・第4話 初心者でも簡単に使える根拠
となることが予告されています。

 

第3話でソロモンブレインのロジックが明らかにされる、
ともことです。

 

案内にはさらに、
「1980年代に世界を震撼させた伝説のトレーダーチームの手法が蘇る!」
とも書かれています。

 

ですので、
あの有名な「投資集団タートルズ」の手法を利用する可能性が考えられます。

 

その手法は単純明快で、
「株価が直近20日間の最高値を更新したら買う」
というようなブレイクアウト系の手法でした。

 

手法は単純でありながら、
そのルールを徹底して守ることが困難で、
そレを克服した人だけが最後に成功を勝ちとった、
と言われるものでした。

 

しかしその後は、「タートルスープ」と言って、
ブレイクアウト手法を用いる人を逆に「かもにする」
手法が出現し、「タートルズ手法」は次第に効果を失ってゆきました。

 

つまり、どんなに優れた手法であっても、
時がたつにつれて、その有効性は変化する、
ということです。

 

ですので、今後河野一勢氏の手法を評価するのであれば、
過去の栄光にとらわれずに、最近のデータを見てゆくことが大事です。

 

つまり、
・何人が実践して
・それぞれいくらを元手に開始して
・どれくらいの期間で
・いくらの利益を獲得したのか
・途中の最大連敗数は何回で
・それによる赤字はいくらだったのか
という基礎的なデータを確認しなければなりません。

 

それが示されない限り、
ほとんどの人は途中の赤字で撤退していた
という可能性も否定はできません。

 

3.河野一勢 ソロモンブレイン|河野一勢氏の実績に潜む注意点

案内には、河野一勢氏を紹介して、

慶応義塾高校卒・慶応義塾大学卒
慶応義塾大学 大学院 製作・メディア研究科 准教授を歴任

1986年ソロモン・ブラザーズ証券会社入社、東京支店とNY本社で15年間勤務
日本人が個人として初めて米国証券取引委員会に登録した
投資銀行ロバーツ・ミタニ・LLC駐日代表を務める
2008年、株式会社リヴァンプキャピタル代表取締役就任
2010年~2015年まで株式会社ウィズ・パートナーズのCIOを歴任
現在はラスベガスのパートナーと共に、米国西海岸で、
不動産投資・事業投資・保険投資を行いながら、上場会社の社外取締役などを務めている。

【実績】
個人のトレーダー実績:10億円以上(為替・株・先物取引)
運用実績:年間1兆円以上(1トレード5000億円以上の経験あり)
グロースファンド部門で世界一の実績あり
顧客に稼がせた実績:半年間の間に50億円以上稼がせた(1000億円の債券売買)

と書かれています。

 

しかし、ネットではそれを裏付ける情報は得られませんでした。

 

最も不自然なのは、
慶応義塾大学大学院で准教授の経歴があるにも関わらず、
投稿した論文や、学会発表の記録が一切見られないことです。

 

慶応大学であれば、准教授でなくても、
大学院の学生であっても論文は投稿します。

 

そしてそれらはどんなものであっても必ずネット上に表示されます。

 

なのに、河野一勢氏の論文など、一切見られないのです。

 

とても不自然と言えます。

 

このような状況で、
案内に書かれた河野氏の実績を信頼するのは
大変危険と言えますので、十分ご注意下さい。

 

※参考記事
私が定年退職した日の話
守破離 の教え、型なしから型破りへ
老後の貯え2000万円がなくても安心の生き方とは

 

※ハヤトが実践している副業
私が実践中の副業
私が実践している副業・参加して1年半の成果

-検証・FX・バイナリー・株・BM

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.