真波俊介 AQUA LIFE 2.0 の致命的欠陥

投稿日:

たった1年でもとで1万円が1200万円へ
と謳う、真波俊介氏のAQUA LIFE 2.0 を検証します。

 

1.真波俊介 AQUA LIFE 2.0 の致命的欠陥

本件は、競艇の予想システムの販売案件です。

 

ただし新しいものではなく、以前、
水谷雄一郎氏が宣伝した「AQUA551 セントラルシステム
の焼き直し版と思われます。

 

それは、
AQUA」の名前もそうですし、

「たった1年でもとで1万円が1200万円へ」
「毎日365日間ずっと最低30000円を稼げる」

というキャッチフレーズが全く同じだからです。

 

仮にこの見立てが間違っていないとしたら、
販売者の名前を変え、タイトルを変える理由はどこにあるのでしょうか?

 

もし以前のシステムが優秀で、実績を挙げているとしたならば、
そのタイトル名を使うほうがより宣伝効果があるはずです。

 

販売者の名前もまたしかりです。

 

その実績は、大いに宣伝効果を発揮するはずです。

 

それをしないで、
別の商品として販売するところに、
致命的な欠陥を感じます。

 

2.真波俊介 AQUA LIFE 2.0 の注意点

先程の、
「たった1年でもとで1万円が1200万円へ」
「毎日365日間ずっと最低30000円を稼げる」
に戻りますが、注意点は2つです。

 

1つ目の文は、
語尾がはっきりしませんので、必ずしも、
「1万円が1200万円となることを実現する」
とは言っていないことです。

 

特商法雨に基づく記載にも、
「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」
と明記されていますように、

「表現には個人差がある」つまり、
「表現の受取り方は人それぞれ」であり、

あなたがどう受け取ろうとも、

「利益は保証しません」と明言していることにご注意ください。

 

例えば、
「最低30000円を稼げる」と言う表現にしてもそうです。

 

「稼ぐ」というのは必ずしも「利益を得る」ことを意味しないのです。

 

投資や賭けで勝ち負けを繰り返し、
勝ち分が10万円、負け分が5万円だったとします。

 

すると、その投資や賭けでは、
「10万円稼いだ」と言うケースが多いのです。

 

稼ぎに負け分を含めない言い方が普通になされるのが
ネットビジネスの世界の実態となっていることにご注意ください。

 

「利益」がいくらになるというのかを、
しっかりと確認することが大事です。

 

 

 

ネットビジネスは、
「楽して簡単に」「一攫千金を」と思うと失敗します。

 

そう願えば願うほど、
怪しい案内の餌食になってしまいます。

 

しかし、
「地道に、堅実に稼ごう」と思って探せば、
必ずいつか本物に巡り会えます。

 

もしあなたがそうお考えであれば、
いつでも気軽にご相談下さいね。

 

※参考記事
● 私が実践中の副業・参加して1年の成果
● 私が実践中の副業・参加して2ヵ月の成果
● 私が定年退職した日の話
● 老後の貯え2000万円がなくても安心の生き方とは
情報商材の見極めのコツ(Yahoo!ニュースより)
投資の自動売買システムで初心者が継続して勝つためには?
なぜ投資で勝てないのか?(損小利大とプロスペクト理論)

 

私が実践中の副業

 

ハヤトへのお問い合わせはこちらからどうぞ。
(お問い合わせ・メッセージからでも結構です)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

※お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを遅らせて頂きますが、
返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、
ご確認をお願いします。

 

 

-検証・その他(アフィリ・現金等)

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.