超凡人の生き方

投稿日:2019/12/01 更新日:

「ながら運転厳罰化」
いよいよ今日から施行ですね。

 

私は過去に2人、知人の天才的な運転を目撃したことがあります。

 

一人は、東京都内でこれから飲みに行こう、としたときの友人です。

 

当時はガラ携だったのですが、それで近くの適当な飲み屋を検索しながら、
いとも簡単にその場所を探し当て、ついでに駐車場までまっしぐら、
という運転ぶりでした。

 

もう暗くなって、他の車のライトが邪魔だったり、
標識が見えにくかったりの、運転中だったにもかかわらずです。

 

おまけに私と何やかやと会話もしていました。
(私の方は気が気でなかったです。)

 

もうひとりは、車を使った出張中の出来事です。

 

営業担当の知人と、顧客を訪ねに移動していた時です。

 

その知人は、別の顧客とのトラブル対応に関して、
携帯で生産現場の人間と話をし始めたのです。

 

横で聞いていても、かなり混み入った内容です。

 

しかし驚くべきことにその知人は、
なんの障害もないかのように運転を続けたのです。

 

訪ねようとしているのは、初めての顧客でした。
当然場所も不案内なはずでした。

 

私はこれらの人を見た時、
彼らの頭の中はどうなっているのだろ?
と、正直天才に思えたほどです。

 

私にはとても出来る芸当のようには思えませんでした。

 

事実、運転中に電話がかかってきて、
それに応対したこともあります。

 

しかしすぐに怖くなり、
後で書け直す、あるいは車を横に止める、
などの対応が必要でした。

 

おそらく多くの人が、
上の私の2人の知人のようには行かないはずです。

 

そんな自覚があるにもかかわらず、
ついつい、ながら運転をしてしまいがちです。

 

私のような超凡人は、
はなから「ながら運転」など考えません。

 

車に乗る瞬間から、
「電話がかかってきても出るまい」
と思えるのです。

 

これが並の凡人で、
なまじちょっとばかり自信があったりすると、
「まあいいか」とやってしまうのではないでしょうか。

 

だからこそ、
ながら運転での痛ましい事故が絶えないのだと思います。

 

今回の法の施行は、
これら「並の凡人」の注意喚起を促すものとして、
ある程度は期待できると思います。

 

今回の改正点は、

運転中の携帯電話での通話や、
画面を注視する違反「携帯電話使用等(保持)」の点数を
これまでの1点から3点に、
通話や注視により交通の危険を生じさせる違反
「携帯電話使用等(交通の危険)」を2点から6点に、
「保持」の反則金は「大型車」は7千円から2万5千円に、
「普通車」は6千円から1万8千円に、

というものです。

 

厳しい内容だとは思いますが、
実際にどう取り締まってゆくのかなど、
効果のほどは不透明に思えます。

 

何より「凡人は凡人」との自覚が大切だと思います。

 

運転はまさに「注意一秒ケガ一生」の世界です。

 

これが他人を傷つけることになるなら、
自分だけの一生の後悔だけではすみません。

 

「絶対にやらない」と決意すべきです。

 

ちなみに上の友人ですが、
飲んだ後なんと車で帰った、と言うのです。

 

あとから聞いて驚きました。

 

天才であるがゆえの過信なのか、
単なる大馬鹿なのかわかりません。

 

これを機会にぜひとも反省してほしいものです。

 

私達凡人の脳は、ながらや、同時並行して、
というのにはとても弱いものです。

 

ですが、「一つずつ」と腹を決めれば、
結構パワーを発揮できます。

 

宮本武蔵が、一条寺下り松の戦いで、吉岡一門100人を倒したのは、
この「1つずつ」戦法でした。

 

敵を、足元の悪い田んぼに誘い込み、
足場の良いあぜ道に構えて、一人ひとりと戦った、
と記憶しています。

 

武蔵が凡人だとはいいませんが、
凡人にも真似ることの出来る戦法、戦術、
ではないかと思います。

 

今私の机の前の壁には、
「小さく始めて一つずつ」と貼ってあります。

 

思いついたことを忘れない工夫も大事ですね。

私が実践中の副業

ハヤトへのお問い合わせはこちらからどうぞ。
(お問い合わせ・メッセージからでも結構です)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

※お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを遅らせて頂きますが、
返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、
ご確認をお願いします。

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.