小倉ともゆき PayPay転売(いーぺい輸出セミナー)の致命的な欠陥

投稿日:

全くの素人が3ヶ月で月収106万円を達成!
と謳う、小倉ともゆき PayPay転売(いーぺい輸出セミナー)を検証します。

 

PayPayとebayを用いた、無在庫輸出転売です。

 

1.小倉ともゆき PayPay転売(いーぺい輸出セミナー)致命的な欠陥

案内には、
「全くの素人が3ヶ月で月収106万円を達成!
と書かれています。

 

ここで注意しなければいけないのは「言葉の定義」です。

 

まず第1に、
ネットビジネスではよく用いられる「月収」という言葉です。

 

一般に「月収」といえば、
最後に手元に残るお金である「利益」を意味しますが、
ネットビジネスでは必ずしもそうではありません。

 

特に転売の場合には、
「月収」は「ひと月の売上」を意味することが多いのです。

 

その場合の「利益」は、
「月収」=「ひと月の売上」から、
「仕入れの費用」や「発送費用」、「その他諸々の経費」
を差し引かなければなりません。

 

つまり、
月収が106万円だからといって、
それが「利益」として最終的に手元に残るわけではないのです。

 

更にこの注意しなければいけないのは、小倉氏の「利益」の定義です。

 

案内には以下のように書かれています。

例えば、
仕入れ:11,000円(税込)
販売 :20,000円(税込) の様な商品があった場合、

通常は、
20,000円(税込)ー仕入れ11,000円(税込)=9,000円
利益になります。

もうお分かりかと思いますが、
小倉氏の定義する「利益」には、仕入れ以外にかかる、
商品梱包、発送、ebay手数料などの費用が考慮されていないのです。

 

つまり、上の例の9000千円は、真の「利益」ではないのです。

 

例えば商品重量が重くて梱包費や発送費用がかさみ、
その上(後でも述べる)手数料などを差し引くと、
利益がないどころか赤字である可能性もあるのです。

 

このように、
ビジネスで最も大事な「利益」に対する定義に疑問が残るため、

小倉氏の手法を用いたときに期待できる真の「利益」が、
いくらなのか判断できないところに、
致命的な欠陥があると言えます。

 

その上で更に大事なことがあります。

 

それは、転売の利益を圧迫するのが、
上にお伝えした「仕入れ値」「梱包発送費」「手数料」
だけではないことです。

 

転売にはある確率で必ずトラブルが発生します。
クレームや返品によって在庫を抱えることなどです。

 

後でも詳しくお伝えしますが、
それらはすべて「利益」を圧迫するのです。

 

つまり、
売れたものだけの「利益」が示されても、
トラブルによる「損失」が同時に示されない限り、
そのビジネスによって最終的に得られる「総利益」
がいくらになるのか判断できないのです。

 

例えば、
10個の商品を販売して、そのうちの9個が売れ、
諸経費を差し引いて10万円の利益が出ていたとします。

 

しかし残る1個の商品が返品となり、
5万円の損失が出ていたとします。

 

そうすると、そのビジネスで得た真の利益は、
10万円ではなく5万円だった、ということです。

 

最終的に手元に残ったのはあくまで、
5万円なのです。

 

案外見落とされている点ですし、
公開されることが少ない情報でもありますので、
十分ご注意いただきたく思います。

 

2.小倉ともゆき PayPay転売(いーぺい輸出セミナー)注意点

案内には、たった3時間で学べるものとして、

・PayPayを使えば、赤字でも利益を出すノウハウ
・転売ビジネスで、稼ぐ人が実践しているノウハウ
・商品を1つ販売して、19万円の利益を出すノウハウ
・転売ビジネスで、完全自動化を構築するノウハウ
・長期的に堅実に利益を出し続けるノウハウ
・30分で日給1万円を稼ぐ転売ノウハウ
・誰も知らないPayPay転売で最短で利益を出すノウハウ

が挙げられています。

 

ただし注意しなければいけないのは、
ノウハウを学ぶことと、その学んだことを実現することの違いです。

 

東大合格方法を学んだ人が誰でもそれを実現したわけではありません。

 

イチローにバッティングを学んだ人が、
イチローと同じ成果を上げられるわけではありません。

 

ビジネスノウハウを学ぶことと実現することも、
それと同じことです。

 

ノウハウを学んだ人が誰でも、
それを実現できるわけではありません。

 

ですのでセミナーの後には必ず、
ノウハウ実現のためと称するスクールや塾の案内があります。

 

それで本当に成果が得られるのであれば、
参加費を払ってでも参加することはいいことです。

 

しかし、実際にスクールや塾に入っても、
以下の記事にも示しましたように、
転売で実績を上げるのは困難だとも言われています。

転売の高額塾参加者の内部告発、悲痛な声を公開
● 転売の実態「結局は上位3%くらいの人しか稼げず」

 

次にお伝えする注意点をご参考に、
十分検討されることをお勧めします。

 

3.ebay輸出無在庫転売の注意点

ebayに限らず、無在庫転売の一般的な流れは、
以下のようになります。

1.リサーチ
2.仕入れ
3.検品
4.梱包
5.発送
6.在庫管理

このような諸々の作業が必要です。

 

そして無在庫転売は
売れてから仕入れる方法をとります。

 

最初に出品してから、
売れたら仕入れて発送するので
在庫を持たなくてよいメリットがあります。

 

しかし、いくつかの
eBay特有のデメリットもあります。

 

1つ目は、
上でもお伝えしましたように、
転売には「返品」がつきものだ、
ということです。

 

特にeBayでは海外への輸出が対象となります。
そして、海外の郵便事情は日本ほど取り扱いが
丁寧ではないことに注意が必要です。

 

届いた品物が破損していたり、
箱が一部つぶれていたりすると、
即返品の対象になります。

 

そうするとそれらは「返金」、「返品」
の対象になり、在庫となります。

 

そしてその頻度はわりと多いのです。

 

また、書留で送らない限りは、
荷物が郵便受けや玄関前に放置され、
盗難にあってしまい、顧客の手元に届かないこともあります。

 

さらに、国によっては、
書留であっても、追跡が困難で、
途中で行方不明になるケースも少なくありません。

 

また、様々な不明確な理由で、
税関で留め置かれ、
そのうちに顧客に購入キャンセルされることもあります。

 

書留であっても、
バカンスほかの理由で長期に家を空け、
保管期限が過ぎて日本に戻ってくることもあります。

 

また、一定の確率で、
詐欺にあうことも考慮しておく必要があります。

 

世界にはいろんな人がいます。
日本とはけた違いに悪意の人も多い、
と認識することも大事です。

 

このように、
顧客のもとに届いた場合でも、
届かなかった場合でも、
大抵は顧客への返金の義務が生じます。

 

ebayは極度に「買い手優先」ですので、
多くの場合に、しわ寄せは「売り手」
にかかって来ることに注意しなければいけません。

 

2つ目は、
ebayのシステムがいろんな意味で
複雑だということです。

 

ebayは世界中の売り手、買い手を対象とします。

 

ですので、特にどんな素性かもわからない、
新規の売り手には厳しい条件が課せられます。

 

初めての売り手参入者には、
売れる品数、売上高が厳しく制限され、
それを徐々に拡大してゆく努力が必要です。

 

それには、その売り手の評価を高める必要があり、
そのため、まずは自分が買い手となって買い物をし、
それで評価をためてゆきます。

 

そのための資金もそこそこ必要となります。
この「評価」のシステムこそが売り手にとっての
危険なシステムであると言えます。

 

例えば、海外無在庫転売にありがちな、
・品切れによる販売キャンセル、
・発送までの時間がかかりすぎること、
・言葉の壁による顧客とのコミュニケーションのすれ違い、
などを理由に、
顧客からネガティブな評価をもらってしまう
機会は頻繁に発生します。

 

またeBay自体からも、
・顧客とのコミュニケーションが不足であること、
・登録商標規制に引っかかる出品
・ebayの細かな規約に違反した出品
などを理由に、ネガティブな評価をもらう
そんな機会も頻発します。

 

そしてこれらのネガティブ評価が積み重なると、
最悪の場合には、eBayからの永久追放
が待ち受けています。

 

先ほどもお伝えしましたように、
売り上げ数量の枠を拡大するために積み重ねた努力も
そこで一気に水の泡となってしまいます。

 

3つ目に、
英語の知識が全く不要か、
と言えばそうでもない、ということです。

 

世界中の買い手からは、
問い合わせや、クレームなどが
頻繁に発生します。

 

これに、真摯にかつ間違いなく対応しなければ、
ebayから恐ろしいしっぺ返しをもらいます。

 

最悪の場合は「永久追放」取引停止処置です。

 

これは有無を言わせず実行されます。

 

これを回避するには、
・買い手とのしっかりとしたコミュニケーションと
・ebayとのしっかりとしたコミュニケーション
の両方が必要です。

 

それらがすべて英語でなされるのです。

 

グーグル翻訳は進化しましたが、
まだまだ未完成です。

 

妙な翻訳は避けられません。

 

その際には、
やはりそれをしっかりと最終チェックできるだけの、
最低限の英語力は必要です。

 

4つ目は、
eBayに支払う手数料です。
eBayはPayPalを通しての売買が基本であり、
eBayとPayPalを合わせて、
約15%の手数料がとられます。

 

例えば、
ある商品が1万円で売れたとすると、
あなたの手元には8500円が残ります。

 

送料が2000円かかり、
梱包材などもろもろの経費が500円かかったとすると、
最終的にあなたの手元には、
6000円が残ります。

 

その商品が5000円で仕入れられれば、
利益は1000円、ということになります。

 

しかし出費はこれだけではすみません。

 

・出品制限数を超えての出品ごとに追加手数料
・出品制限数を確保するための契約料金
など、他にもいろいろと吸い上げられる仕組みとなっています。

 

先ほどの利益1000円から、
これらもろもろの出費を差し引いたものが最終利益となります。

 

かなり大きな価格差のあるものを見つけて、
出品しなければいけない事がお分かりいただけると思います。

 

一般にはebayには、
このようなリスクが存在します。

 

ですので、
案内に書かれているメリットばかりでなく、
リスクに対しても注目し、
今後安部氏がそれをどのように説明してくれるのか、
しっかりと見極めることも大切だと思います。

 

そして、
最も大事なのは、
様々な困難やトラブルが予想さるeBay転売を進めるにあたり、
小倉氏がどのような具体的なサポートを行ってくれるか、
ということです。

 

質問や疑問に対して、
・メールで対応してくれるのか、
・電話でや対応してくれるのか、
・Skypeなどで対応してくれるのか、
・頻度はどれくらいか
・24時間対応なのか
・モチベーションを維持するためのサポートはあるのか
など、しっかり確認することが大事です。

 

過去の事例では、
万全のサポート体制を謡っているにもかかわらず、
・対応はメールだけで、
・しかも返信は数日たってから、
・その内容も「マニュアルをみろ」というだけ、
というケースも多々見られた、
ということにもご注意ください。

 

 

※参考記事
転売の高額塾参加者の内部告発、悲痛な声を公開
● 転売の実態「結局は上位3%くらいの人しか稼げず」
● eBayで輸出・無在庫転売を始めるための基礎知識

 

 

 

ハヤトへのお問い合わせはこちらからどうぞ。
(お問い合わせ・メッセージからでも結構です)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

※お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを遅らせて頂きますが、
返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、
ご確認をお願いします。

-検証・せどり・転売

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.