「何もしないで、1日3回現金が振り込まれる」



と謳う、坂本よしたか氏のPGAシステム「コロナショック特別救済プロジェクト」を検証します。



 

1.坂本よしたか PGAシステム 「1日3回の入金」が期待できない理由



案内には、

「何もしないで、1日3回現金が振り込まれる」

「リスクなく、実績者全員が成功している」

と書かれています。



 



しかし注意しなければいけないのは、

「1日3回振り込まれる現金」が、

必ずしも「利益」を意味するわけではないことです。



 



どういうことなのか、

それを次に説明いたします。



 



まず本案内に添付されている「特商法に基づく表示

を確認してみると、



 



そこには次のように記載されています。



 



「本商品は投資の特性上、元本を保証するものではありません。」



 



つまり坂本氏のPGAシステムは、

「投資案件」であり「元本は保証されない」、

ということです。



 



投資であれば必ず「元本=元手」が必要です。



 



例えば、

100万円を元手に「仮想通貨」に投資したとします。



 



そして配当として毎日3回1万円ずつ、

合計3万円があなたの口座に振り込まれたとします。



 



しかしこのときもし、

この「仮想通貨」の価値が下がって、

100万円だった元手が90万円になっていたとしたら。



 



3万円入金されても、

この10万円の損失を考慮すれば、

トータルでは7万円の「赤字」なのです。



 



あなたにとって最も大事なのは「利益」のはずです。



 



1日3回の入金」は、一時的に手に入るお金に過ぎません。



 



最終的にあなたの手元に残る「利益」こそが最も大事なのです。



 



この点に十分注意して、

坂本よしたか PGAシステムを評価しなければいけません。



 



そもそも投資案件を評価するには、



・それまでに何人が実践して

・それぞれがいくらの元手

・どれくらいの期間をかけて

・途中でお金がどのように変化して

・いくらの最終「利益」を得たのか



などの情報が必要です。



 



これが示されない限り、

たとえ一時的にお金が得られても、

最終的には赤字だった、

ということにもなりかねませんので、

しっかりと確認することが大事です。



 

2.坂本よしたか PGAシステムの注意点



特商法に記載されている「販売会社」は、

Prance Gold Holdings です。



 



この会社は、

「月利15〜20%の仮想通貨アービトラージ」

を販売しています。



 



Plan Gold Arbitrage まさにPGAです。



 



1日3回の配当が得られるとも書かれていますので、

坂本氏のPGAシステムとの関連があるかもしれません。



 



ここで少しアービトラージについて解説します。



 



アービトラージは、

取引所間の価格差を見つけて、

・安い取引所で買って

・高い取引所で売って

その差分の利益を得よう、という投資手法です。



 



手堅い手法として知られ、理論的には100%稼げる、

手堅い手法として知られます。



 



しかしこれはあくまで理論的にです。



 



しかし実際には、たとえある瞬間に、

コインを売り買いする取引所間での価格差が生じても、

それが時々刻々変化するため、



タイムラグにより利益は変化しますし、

マイナスになることさえ生じます。



 



また、

コインを買った取引所から、

コインを売る取引所所への、

コイン送金の時間中に価格差が変化し、

マイナスになってしまうことがないとは限りません。



 



資金量もそこそこ必要となります。



 



もし坂本氏のPGAシステムが、

仮想通貨のアービトラージであるならば、

このことを理解しておかなければなりません。



 

3.坂本よしたか氏の実績と口コミ、評判



坂本氏は、ネットビジネスの世界では、

超有名人と言える人です。



 



過去にも様々な案件を販売してきています。



 



その一部を以下にご紹介します。



・Sチェンジ・ザ・ワールド

・スパコンマイニングZ(SCMZ)

・究極の資産運用

・イリュージョンボックス

・ICO「Horyou」

・転売ヤーズクラブ

・パワーオブドリームズ

・アマテラス



 



これらは、いずれの案件も、

・ほったらかし

・すぐに大金が稼げる

などの謳い文句を特徴としています。



 



しかしネット上には、

悪評や炎上の実態が目立つのです。



 



特に評判の悪いのが、

・Sチェンジ・ザ・ワールド

です。



 



これは、

坂本氏が準備した商品を、

「ただ売るだけ」と言って募集された案件です。



 



参加費用は、

・6ヶ月使用で5万円

・1生涯使用で10万円

でした。



 



その上位クラスには、

・ビリオネアワールド50万円

・S伝承プログラム100万円

のプランが用意されました。



 



しかし後に、

被害者の会が立ち上がったのです。



 



そして以下のような悲痛な被害者の声が聞かれます。



 



・持ち逃げされた形のお金が返金されず生活が苦しいです 。



・商品が売れた報告はありません。



・お金が全く増えない、 終わってるもう私も耐えれません…



・元運営スタッフの者です。運営スタッフで

チェンジザワールドに参加している方は1人もおりません。



 



ネット上の書き込みですので、

すべてを信じることは危険です。



 



ですが、

参加者でなければ書けない、

と思える内容にも見えます。



 



今回の案件についても、

少なくともしっかりと確認する事だけは大事です。



 



※関連する記事

● 坂本よしたか LEFT SHIFT アカデミー 参加における注意点

● 坂本よしたか マインドアップローディング深層強化学習シグナルプログラム

● 坂本よしたか BTCV タイムマシーンプロジェクト「月利39.6%」の落とし穴

● 坂本よしたか 超インサイダー情報 ウェルネストークン



 

4.HYPE(ハイプ)高配当案件の注意点



HYIP (ハイプ)とは、

High Yield Investment Programを略したもので、

「高収益プログラム」とも訳されます。



 



昔からあったものですが、

仮想通貨の普及とともに一気に広まりました。



 



これは運営サイドが資金管理をしやすく、

仮想通貨が大きく儲けられるというイメージが

一時浸透したせいでもあります。



 



HYIPの投資では「日利1%」や

「月利40%」というものもありました。



 



このハイプ(HYIP)の仕組みは、

いわゆる「ポンジスキーム」です。



 



MLMやネズミ講、の仕組みにもにていて、

次のようにも説明されています。

詐欺の一種。



「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に

(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、

実際には資金運用を行わず、後から参加する出資者から

新たに集めたお金を運用することなく、

以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、

あたかも資金運用によって利益が生まれ、

その利益を出資者に配当しているかのように装うもののこと。



投資詐欺の一種に分類され、日本語で「自転車操業」

と呼ぶような状態に陥り、最終的には破綻する。


※Wikipediaより



 



例えば出資金が100万円で、

毎月10万円の配当が得られるスキームがあるとします。



 



もしそのスキームに1人が参加した場合、

運営サイドは10カ月は支払いが可能です。



 



その間に新しい出資者が増えれば、

配当を支払える期間が延びていきます。



 



次々に参加者が増えれば、

最初に参加した人は、

出資金以上、つまり100万円以上の配当を得られます。



 



また運営サイドに集まるお金も増えてゆきます。



 



しかしいずれは参加者が枯渇してゆきます。



 



すると運営サイドでは、

増えてゆくお金よりも、

配当の支払いのためのお金が増えてゆきます。



 



その時点で運営サイドがお金を持ち逃げすると、

後から参加した人は、元本を回収することが出来ません。



 



このように、

運営サイドの資金が減り始める時点で、

運営会社が飛ぶことが多いと言われており、

問題が生じた時に問合せしても

連絡が付かなくなる可能性が高いのが特徴です。



 



ほとんどの場合、

運営会社に逃げられたら追跡できないため、

返金は諦めるしかありません。



 



PGAも、2020年の年末か、

もっと早いと2020年10月あたりに飛ぶのでは、

という予想されている方もいました。



 



まさに今、

そんな状況におかれている方もいるようです。



 



その方たちの心境を思うと、

穏やかでいられません。



 



仮想通貨では、

私も大金を騙され失った経験があります。



 



集団訴訟にも発展した案件ですが、

私はすでに諦めています。



 



返金の可能性は極めて低いからです。



 



無理矢理にでも、

良い経験を買った、

と思いこむことに決めています。



 



あるいは今のネットでの収入が、

そう思わせてくれています。



 



 



本件は、

「コロナショック特別救済プロジェクト」

という案件です。



 



コロナ騒動は多くの失業者を生んでいます。



 



今後それはもっと拡大し、

深刻さを増すことがが予想されます。



 



大手も例外ではありません。



 



先日も、

大手の工場閉鎖で「街が死ぬ」

と訴えた記事を見かけました。



 



工場で働く人のみならず、

その人達を支えてきた商店その他、

周辺全体を巻き込む非常事態が発生しています。



 



私達は一刻も早く、

「もう一つの収入源」

を確保する必要があると思います。



 



その点、

ネットビジネスには、

大きな可能性が秘められています。



 



完全在宅で、

場所も時も選ばずにできるのが、

ネットビジネスの最大の利点です。



 



ですので今は、

「ピンチをチャンスに変える」

そんな時期と捉えることで、

むしろ明るい未来が開けるかもしれません。



 



私は2年前から

完全在宅ネットビジネスを開始しました。



 



師匠に付いて色々と学んだ結果、

今ではアフィリエイト、転売、投資

などの複数の分野で、着実な収入を得ています。



 



2年前には、

まさか今のような状況が訪れるとは

思っていませんでした。



 



しかし今は、

早く取り組んでたことが

本当によかったと思っています。



 



ネットビジネスは、

真の完全在宅が可能です。



 



朝何時に起きても構いませんし、

満員電車に詰め込まれることもありません。



 



嫌な上司や、嫌な部下に

悩まされることもありません。



 



コロナの恐怖下にあっても、

気が向いたときに散歩に出かけられますし、

気が向いたときにアマゾンプライムの

映画を楽しむことも出来ます。



 



必要な作業時間も、

1日数時間あれば十分です。



 



朝でも、昼でも、夜でも構いません。



 



パソコンが一台あればいいだけです。



 



こんな状況ですから、

私達のコミュニティーに関心を持たれる方が

日々参加してくれています。



 



私達の師匠が、

成果が出るまでマンツーマンで

指導してくれます。



 



参加されて実績を出されてる中には、

私よりずっと高齢の方もいます。



 



若い人も多いです。



 



皆さん意識が高いので、

私も良い刺激を受け続けています。



 



この冬は春以上に深刻な状況が予想されます。



 



それまでに、

第2の収入源をぜひ確保しておきたいものです。



 



 



※私の副業実践記録

「0 → 1」達成目前、私のネット副業 2ヵ月目

どこでも出来る嬉しさを実感、私のネット副業 1年目

安定収入で新たな挑戦開始、私のネット副業 2年目





 



https://netsjob.livedoor.blog/fukugyo/



 



ハヤトへのお問い合わせは → お問い合わせ  からどうぞ。

メッセージを頂けると嬉しいです。