佐藤茂利 週1副業投資術 実際に購入した私が検証します(その2)

投稿日:2019/10/29 更新日:

ハヤトです。

『土曜日の朝30分で3年で1億円』

と謳う、佐藤茂利氏の週1副業投資術を再び検証します。

 

 

①『週1副業投資術』に潜む危険性

佐藤氏の投資法は
週足チャートだけ」を見て
売買する手法です。

「それも土曜日の午前中
30分だけ見てください。
まず、なぜ週足なのかというと、

急な動きが出にくい足だから。

分足や日足というのは、
性質上どうしても突発的な動きを
色濃く反映してしまうので

特に初心者は惑わされやすくなります。

その点、週足は

突然の発表や要人発言で
大きく動くことは稀ですから、
惑わされることなく
取引することができます。」

と佐藤氏は言います。

 

一見すると、なるほど、と思えます。

 

ここは実際の週足チャートをいくつか見てみましょう。

 

黒丸部分は一週間で
大きく動いたことを示す部分です。

 

いずれも、週足で1割か
それ以上の上げ下げが発生しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに挙げた銘柄は、
特に一生懸命探したものではありません。

 

週足が急に大きく動く銘柄は
他にもたくさん、たくさんあります。

 

佐藤氏ならひょっとすると、
「こんなに大きく動く銘柄は
そもそも
システムが抽出しない」
というかもしれません。

 

しかし問題は
上の週足チャートを見ても明らかなように

『週足だからと言って
大きく動くことはない
とは言い切れない』

『週足が動くときは
分足や日足の動きを飲み込んで
むしろ急に大きく動く』

と言えることです。

 

売っていた場合に
大きな週足陽線が出たらどうでしょう?

 

買っていた場合に
大きな陰線が出て来たらどうでしょう?

 

そんなことが起こり得るのに

1週間ずっと値動きを見ずに居られるでしょうか?

 

もしも週の途中で値動きを見て、
それで手仕舞ったり
追加の投資をしたり

そんなことをしてしまうと
ルール違反です。

 

週一投資法を実践する価値はなくなります。
せっかくの手法が台無しです。

 

しかし
これが初心者にありがちな
負け方なんです。

 

実は私もこの手法を用いて
勝てなかった一人なのです。

 

佐藤氏の手法を取り入れて
投資を行うつもりであれば

「どのようにしたら
ルールを守ってトレードできるのか」

そんな対処の仕方を具体的に
教えてもらうことも必要かもしれません。

 

②『株で3年1億円』が不可能な理由

このような大金を謳う表現には注意が必要です。

 

前回の記事と重複しますが
大事なので再度お伝えしたいと思います。

 

誤解してはいけないのが
だれでもが
3年で1億円稼げるとは何処にも
書かれていないことです。

 

初めに必要となる資金や
その資金を投資した後で
最悪どれくらい赤字になったのか
なども示されていないのです。

 

例えば
途中で赤字が100万円出るとしたら、
資金が1000万円ある人なら耐えられますが、
資金が100万円しかない人なら破産ですよね。

 

このように、
最初にいくら投資して
それがその後どう変化したか
途中で赤字はどれくらい出ていたのか
などのデータがないので

これから参加をする人が
過去に参加して成果を出した人達と
同じように成果が出せるとは言ないのです。

 

メールには
「著者と同じような利益が出ることを
保証するものではありません。
株は価格変動リスクを伴い、
また証拠金を上回る取引を
行うことが可能ですので、

場合によっては投資額を上回る
損失を被る可能性があります。」
と書かれています。

 

十分ご確認の上
参加を検討されるようお願いいたします。

 

※前回の検証記事
佐藤茂利 週1副業投資術 実際に購入した私が検証

 

※参考記事
大口投資家が初心者をカモにする手口とは?
投資でプロの思考を身につけ、プロのように稼ぐには?
初心者のためのシステムトレード解説(動画)
なぜ投資で勝てないのか?(損小利大とプロスペクト理論)
投資の大失敗から得た成功のための秘策

 

※ハヤトが実践している副業
私が実践中の副業
私が実践している副業・参加して1年の成果

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-検証・FX・バイナリー・株・BM

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.