歌は世につれ、サザンオールスターズ全楽曲のストリーミング配信開始

投稿日:

たまに、
「一目惚れ」するような曲に出会うことがあります。

 

そんな時の幸せは格別です。

 

成績は良くなかったのですが、
学校では音楽の時間が一番好きでした。

 

これまでに数々の「一目惚れ」を体験してきましたが、
最も印象的だったのは中学の時の期末テストでした。

 

音楽のテストで構内一斉に流れ始めたのが、
チャイコフスキーのピアノ協奏曲でした。

 

試験のことはすっかり忘れて、
そのスケール感に聴き入ってしまいました。

 

他にも一目惚れの出会いには恵まれていました。

 

1960年代70年代の曲は、
一瞬でそうさせてくれるものが多ありました。

 

当時の海外の曲もそうでしたが、
日本の歌謡曲が特に優れていた気がします。

 

ラジオで流れていたり、テレビのCMで使われていたり、
そんな曲に出会うとすぐにレコード屋に走っていったものです。

 

最近では、だんだんとそんな出会がなくなった、
かと言うとそうでも有りません。

 

YouTubeのおかげですね。
出会いはまだまだ確保できています。

 

この「一目惚れ」とは反対に、
「第一印象は悪いが、噛めばだんだん味が出てくる」
という曲との出会いもありました。

 

特にクラシック曲が多いですが、
モーツァルトなどはその筆頭です。

 

なんて退屈な曲だろ、と言う第一印象が、
次第にヤミツキに変わってゆきました。

 

時代を越えた本物のなせる技なのでしょうか。

 

ところでタイトルのサザンです。

 

今日のヤフーニュースによると、
「サザン関連全972曲 サブスク(定額制)一斉解禁」
なのだそうです。

 

定額聴き放題ですから、
喜ぶファンも多いと思います。

 

私が出会ったのは40年以上前の学生時代です。

 

「勝手にシンドバット」

 

このふざけたようなタイトルと、
素晴らしいメロディー、リズム、歌詞、
このアンバランスに度肝を抜かれました。

 

当然「一目惚れ」でした。

 

当時流行っていた、
沢田研二の「勝手にしやがれ」と、
ピンクレディーの「渚のシンドバット」とを、
適当にくっつけたものだと思ってました。

 

でも中身はまさに圧巻です。

 

ラテン系とも思える軽快なリズムに乗せて
懐かしいような切ないような、
なんとも言えないメロディー。

 

これにあの独特な声と、圧倒的な歌唱力です。

 

歌詞に至っては、

いま何時? そうねだいたいね
いま何時? ちょっと待ってて
いま何時? まだ早い

なのです。

 

そして、

「江ノ島が見えてきた 俺の家も近い」

と忘れられないフレーズ、さらには、

「こころなしか今夜 波の音がしたわ」

これで、一気に天才を感じてしまいました。

 

そしてしばらくすると、名作、

「いとしのエリー」

これで不動のポジションを確立したと言えます。

 

それが40年ほど前なのです。

 

それからもヒットを飛ばし続けます。

 

関東大震災直後、
しばらくは触れられなかった「ツナミ」も
印象に残ります。

 

それ以後私達の子供や、
孫までもがサザンの曲を楽しんでいます。

 

世界中を見ても、
どこにもこんなグループはないのではないでしょうか。

 

ほぼ同時期を生きてこれらたことに感謝です。

 

 

※参考記事
一歩ずつ、一つずつ、の大切さ
● 見方を変える、自分が変わる、世界が変わる
迷い、悩んで、疲れたときにお勧めのオマジナイ?
良い習慣を身につけるための3つのカギ
私が実践中の副業・参加して2ヵ月の成果

 

私が実践中の副業

 

ハヤトへのお問い合わせはこちらからどうぞ。
(お問い合わせ・メッセージからでも結構です)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

※お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを遅らせて頂きますが、
返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、
ご確認をお願いします。

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.