シニアが観た「鬼滅の刃」

投稿日:

シニア夫婦がこたつに入って、
二人でアニメを観ている。

 

こんな光景を子供達が見たらなんと言うだろう、
そう思うとおかしくもなってきます。

 

数十年前には、レンタルビデオを借りてきて、
それを正月にまとめてみていたのを思い出します。

 

当時はVHSビデオの映画1本が、500円で借りられました。

 

最近も、近くのゲオで1本100円のDVDを借り、
たまに映画を見ていました。

 

子供達にAmazonやHULUでもっと安くいろいろ観られるよ、
と教えられ、それ以降はゲオに行くことは有りません。

 

そのHULUで話題の「鬼滅の刃」を観ました。
第5話まで一気にみました。

 

おもしろいのです。

 

知らぬ間にどんどん引き込まれてゆきます。

 

ふと、なぜこんなに面白く感じるのか、
少し考えてみました。

 

人食い鬼に家族を惨殺され、
鬼になって生き残った妹を人間に戻すため、
過酷な修行に耐えて強くなって、鬼を退治してゆく少年の物語です。

 

このストーリー自体の面白さはもちろんですし、
時代背景が「大正」であるというのも何故か魅力です。

 

最初のカットは、雪の林を、
主人公の竈門炭治郎が妹を背負って歩いてゆく場面です。

 

この瞬間から、映像の美しさ、リアリティーに目を奪われます。

 

自然の景色が美しく、細かく描写されています。

 

田植え直後の水を張った水面に、映り込む空の景色や、
主人公の動きとともにそれが変化する様子。

 

主人公の市松模様の上着が、
その動作に応じて動く様子など、

 

どれだけ手間ひまかけて作ったのだろう、
と感心させられます。

 

CGも使われているのでしょうが、
このような細かな丁寧な描写が、
アニメそのものの価値を高めているのだと思います。

 

そして、登場人物です。

 

炭治郎の妹の禰豆子 (ねずこ)がときおり見せる表情の、
冴えた美しさと、漂う気品には思わず息を呑むほどです。

 

残忍な鬼でさえ、
何故か嫌味を感じない描写がなされている気がします。

 

ただ、物語の性質上、
残忍な場面が繰り返されます。

 

首が飛び、容赦なく血が流れます。

 

アニメの世界だからこそ、
そんな場面も「美しく」描けるのかもしれません。

 

しかし何より惹かれるのは、
炭治郎の優しさです。

 

家族や、周りの人に対してはもちろん、
鬼にさえ向けるその優しさです。

 

これこそが、
この作品がじんわりとした深みを感じさせる
大元になっているのではないかと思うのです。

 

それから時代背景です。

 

アニメにしても小説にしても、
何らかのテーマを有するのが普通です。

 

「家族」であったり「正義」「愛」「恐怖」など、
いろんなテーマがあるとおもいます。

 

これらのテーマの多くは時代を越えて普遍です。
その重要性が変わることはありません。

 

「鬼滅の刃」にしても、
現代を背景として作れないものではないと思います。

 

それがなぜ「大正時代」なのでしょうか?

 

と問うより、わたしがそれで何を感じるか?

 

おそらくそれは「ノイズ」ではないかと思うのです。

 

普遍的な人間のテーマが語られる時、
映像に映り込む様々な景色、日常品、身につけるものなど、
それがノイズ、つまりじゃまになることがある気がします。

 

音ばかりがノイズでは有りません。
目には色んなものがうるさいくらい飛び込んできます。

 

時代を大正にすることにより、
景色からは雑音が消えると思うのです。

 

田園風景にしても、町並みにしても、人の生活にしても、
今よりシンプルで、ノイズの少ないものとなります。

 

そうすることで、よりテーマを読み取りやすく、
また感じやすくなっているのではないか、
そう思うのです。

 

シンプルにすることで、
より引き立つものがあると思うのです。

 

今後の展開も楽しみに観てゆきたいと思います。

 

それにしても、
インターネット社会は素晴らしいです。

 

AmazonプライムやHuLuは格安ですし、
無料で観られるものも多く存在します。

 

映画やドラマなど、
一生かかっても見尽くせないほどのものが、
殆どタダのような値段で観られます。

 

そして様々な情報を受け取るばかりでなく、
自分の考えや思いなども自由に発信することが出来ます。

 

それを読んでくださる人もいます。

 

これほど幸せなことはないと思います。

 

これからもネットを活用し、
大いに楽しませんてもらおう、
と思っています。

 

私が実践中の副業

 

ハヤトへのお問い合わせはこちらからどうぞ。
(お問い合わせ・メッセージからでも結構です)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

※お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを遅らせて頂きますが、
返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、
ご確認をお願いします。

副業にご興味のあなたにオススメ

1

「完全在宅」私が実践中の副業・ネットビジネスと、その成果や日々の暮らしの中での気付きをお伝えします。 副業 ● 3日坊主の私が継続できている副業 ● 福徳の会を ...

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.