あなたは死後の世界を信じますか?

投稿日:

いきなりこんなタイトルで驚かれたかもしれませんね。

 

今朝、なぜかふと思い浮かんだので、少し考えてみました。

 

「死後の世界」

 

私は信じてはいません。

 

ですが、時が来れば信じよう、とも思っています。

 

私がこのことを意識し始めたきっかけは、
あの「知の巨人」と言われた立花隆氏の著書です。

 

ご存知の人も多いと思いますが、彼は、
「田中角栄研究」から始まって、政治、文化、
科学全般に渡る幅広い探求、執筆活動を行ってきた人です。

 

私はずっと色んな本を読み散らかしてきましたが、
その中でも特に印象に残ったのが、
20年ほど前に読んだ立花隆氏の「臨死体験」でした。

 

読んだ本は整理ができなくなったので、
今は殆ど処分してしまっており、かすかな記憶を頼ります。

 

「臨死体験」は世界中の学者が「科学的」に取り組んできた分野、
でもあります。

 

多く言われるのが、
「死の直前(直後)の幽体離脱」です。

 

自分の魂が体から抜け出して、
天井から自分の身体や、その周りの状態を見下ろす、
というものです。

 

また、
死に直面して、明るい暖かな光を見たり、
お花畑にいざなわれる、こともよく報告に上がります。

 

さらに、
その人が決して知るはずもない過去の出来事や、
行ったはずのない場所の鮮明な記憶をもつ例、
なども知られています。

 

これらが、「科学的」な根拠として取り上げられるのです。

 

しかし一方で、ショッキングな生体実験もあります。

 

当然かなり過去のものですが、映像として残っているのは、
ある患者の脳の手術の模様です。

 

患者を覚醒させたまま、頭蓋骨を取り除き、
医者が患者の脳の一部を刺激してゆきます。

 

そして医師が患者の脳のある部分を刺激した時です。

 

医師が患者に、「何を感じますか?」と聞きます。

 

すると患者は、

「明るい光のもと、お花畑に立っています。とても幸せな気分です」

と言うのです。

 

このことは、
「死後の世界」は単に、人間の脳にプログラムされた幻想、
である証拠だとも言われる所以ともなっています。

 

死の苦痛や恐怖から逃れるために仕組まれた、
「脳のプログラム」というわけです。

 

結局、このような論争に終わりは有りません。
死後の世界の存在は、否定も肯定もできないのです。

 

ところで、立花隆の『臨死体験』を読んだ頃、
もう一人印象深い作家と著作に出会いました。

 

飯田史彦氏の「生きがいの創造」です。

 

飯田氏は当時、福島大学の教授だったと記憶しています。

 

飯田氏の著書は「生きがい」シリーズになっており、
どの本だったのかは忘れましたが、とても印象的な場面が有りました。

 

それは、若い娘さんを亡くしたご両親のお話でした。

 

その悲しみを克服するために、電車に乗って、
福島にいる飯田史彦氏に会いにゆく場面でした。

 

「飯田氏に会いにゆこう」というのが、
そのご両親にとっての一筋の光だったのです。

 

残念ながらその時の具体的な描写を覚えていません。

 

しかし、繰り返しその部分を読み、
そのたびに涙が溢れてきたことだけはよく覚えています。

 

飯田氏の本が伝えるのは、
死後の世界はあるかもしれない、ということです。

 

そして、人は何度も生まれ変わります。

 

それには大事な目的が有り、
「段々と魂を磨いてゆく」ことだ、と言うのです。

 

そして、
「死後の世界」が存在するかどうか、
が問題なのではない、といいます。

 

大事なのは、
「死後の世界がある」と思うこと、
「生きる目的が、魂を磨くこと」であると思うことで、
「生きがい」を見いだすことが出来る、ということです。

 

つまり、
そういう考え方の「提案」なのだと思います。

 

私はこれが「希望」なのではないかと思います。

 

「ものは考えよう」とは俗な言葉です。

 

しかし、そこには大事な真理が存在する、
と思うのです。

 

上にご紹介したご両親は、
「生きがいの本質」を説く飯田氏に会おう、
ということで「希望」を見出したのです。

 

私は今は「死後の世界」「魂の世界」を信じることは出来ません。

 

ですが、自分が死に直面したり、
愛する人と別れざるを得なくなったときには、
それを信じたい、とも思っています。

 

それが「希望」を与えてくれる、と思うのです。

 

私が実践中の副業

 

ハヤトへのお問い合わせはこちらからどうぞ。
(お問い合わせ・メッセージからでも結構です)
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

※お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを遅らせて頂きますが、
返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、
ご確認をお願いします。

 

-・ハヤトの 副業と日記

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.