マスターピース FX「勝率97.18%」のカラクリが判明

投稿日:

ほったらかしで、
勝率97.18%、341連勝など、
規格外の稼ぎ方で、
誰もが3億、5億、10億円を目指せる、
完全自動EAプロジェクト、

と謳う、Tamura氏の「億の約束」Master Piece FXを検証します。

 

1/30に、298,000円で販売が開始され、
2/6に一旦は販売が終了しましたが、
2/9に追加20名の限定募集が開始されました。

1.マスターピース FX「勝率97.18%」のカラクリが判明

完全自動のEAで、勝率が高く、連勝数も多いため、かなりの注目を集めていた案件でしたので、複数のアフィリエイターの方々がこれを購入し、実際に運用を開始しています。

 

実際に50万円から100万円の資金を投入して検証されている人もいますし、デモ口座を用いて検証されている人もいます。

 

これがいわゆるフォワードテスト、という「信頼できるデータ」になります。

 

彼らの目的はもちろん、このマスターピースFXが真に優れたものであるならば、それをアフィリエイトして皆に紹介し、販売することにあります。

 

4人ほどのアフィリエイターのフォワードテスト結果を確認すると、いろんな事実が判明しました。

 

まだ始めたばかりなので、売買実績は少ないのですが、4人合わせて約20回ほどのトレードが行われています。

 

少なくとも数百回分のトレード実績はほしいところであり、現時点で勝率を評価するのは妥当ではありませんが、参考のためにご紹介すると勝率は約6~7割程度、といったところです。

 

宣伝の謳い文句からすれば、もっと高い勝率を期待するところですが、しばらくは彼らアフィリエイターのフォワードテストの進行を見守りたいと思います。

 

しかし問題として明らかとなったのは「損失:利益」の比です。

 

これがほぼ「10:1」なのです。

 

書き間違いではありません。

 

損失10に対して利益1なのです。

 

この反対ではありません。

 

02.06.2020 22:00Sell3.8
02.06.2020 22:15Sell3.8
02.05.2020 22:30Sell4.2
02.03.2020 05:00Buy-47.3
02.03.2020 04:45Buy-46
02.03.2020 04:30Buy-44.6
02.04.2020 22:45Sell4.5
02.04.2020 22:30Sell3.6
02.03.2020 02:45Buy5.1

 

上の表はフォワードテスト結果の一部を示しています。

 

右端の列が獲得pips数となります。

 

9回のトレードで、6勝3敗となっています。

 

そして驚くべきことに、平均利益は約4pipisなのに、平均損失は40pipsを超えているのです。

 

まさに「損大利小」のトレード手法であることがわかります。

 

コツコツ稼いで、ドカンと持っていかれる、典型的な手法です。

 

これでも最終的に利益につながるのであればよい、とも言えます。

 

しかしこのような手法の場合には、継続して使っていくのが困難である、という大きな問題を抱えていることに注意しなければなりません。

 

つまり、人によって向き不向きが大きく分かれる手法なのです。

 

例えばトレードでは、1回の損失を資金の1%くらいに収める、というのが定石です。

 

その方針でこのマスターピースを用いて、資金100万円でトレードを行うとします。

 

-40数pipsのときに失うお金が100万円の1%である1万円だとしますと、大雑把に言うと上の9回のトレードは、次のようになります。

 

・1,000円
・1,000円
・1,000円
・-10,000円
・-10,000円
・-10,000円
・1,000円
・1,000円
・1,000円

 

6000円儲けて3万円失う、ことになります。

 

このようなトレードにどこまで耐えられるのかは、まさに人それぞれとなってくる、というところに注意が必要です。

 

 

2.マスターピース FX「最大ドローダウンが3.46%」のカラクリ

勝率や損大利小の問題に加えて、さらに大きな問題があります。

 

それは以前にも指摘した「ドローダウン」です。

 

それについては、マスターピースの案内に次のように書かれています。

「最大ドローダウンがたった3.46%」という、極めて高い安全性です。
このドローダウンは含み損も含めた、最大の損失幅のことで、3.46%というと、たとえば、ドローダウンが出たときの資金が100万円だった場合、含み損も入れて最大でも3万4600円の損失幅ということ。
数あるEAの中でも、このドローダウンの低さは突出していると、言ってもいいでしょう。

さすがにわかりやすく表現されています。

 

しかし実際のチャートではそうなっていません。

 

次に示すチャートは、「48億円の利益を出した」と言いながら紹介された資産曲線です。

 

 

以前にも指摘しましたが、これをご覧いただければ一目瞭然です。

 

横軸724回目付近のトレードにおいては、
資産が約20万ドル(2000万円)ほどから8万ドル(800万円)ほどに減少しているのです。

 

資産が半分以下に減っているのです。

 

ドローダウンは50%以上なのです。

 

これでなぜ、どうして「最大ドローダウンが3.46%」と言えるのか、全く理解不能です。

 

ちなみにこの図から見ると、元手は約5万ドル(500万円)だと思われます。

 

これが15年掛けて約50億円、つまり1000倍になったというわけです。

 

いずれにしても疑問は増すばかり、です。

 

3.マスターピース FX販売上の注意点

冒頭でも以下のようにお伝えしました。

 

1/30に、298,000円で販売が開始され、
2/6に一旦は販売が終了しましたが、
2/9に追加20名の限定募集が開始されました。

 

しかし、実際には上でもご紹介しましたように、マスターピースFXは今後もずっと購入が可能です。

 

今回のクロスリテイリング社による販売に対応できなかった方も、アフィリエイターその他からマスターピースFXは購入可能なのです。

 

クロスリテイリング社は、参加者募集時には期間限定や人数限定で危機感を煽りますが、その一方ではアフィリエイターを通して販売を継続するのです。これがクロス社の常套的な販売手法となります。

 

ですので、今回買いそびれた方も、むしろ上に示したアフィリエイターのフォワードテスト結果を確認してから参加出来るのです。

 

むしろ幸いかもしれません。

 

自分で確認すべきフォワードテストをアフィリエイターがやってくれるのです。

 

いずれにしても、「誇大」「曖昧」を言われるクロスリテイリング社の販売には注意スべきだと思われます。

 

私もかつて、購入して後悔した経験があります。

 

下に参考記事として挙げておきますので、ご覧いただけると幸いです。

 

今後マスターピースFXを購入検討されるのであれば、
「最大ドローダウンが3.46%」の根拠を確認することが必須です。

 

 

 ※関連記事
● FX-Katsu 億の約束「完全自動で48億円」の危険な落とし穴
● TAMURA「億の約束」の致命的欠陥を発見!第1話動画

 

※参考記事
● 実際に購入したけど勝てなかったクロス社のFX教材
● クロス社FX購入者の悲痛な声「成果を上げるのは困難」
● 「勝率98.5」が不可能との参加者の生々しい内部告発

● 投資自動売買ツール見極めのコツ
● 自動売買システムで初心者が継続して勝つためには
初心者のためのシステムトレード解説(動画)
● 投資で初心者が勝てない理由(損小利大とプロスペクト理論)

 

 

私、ハヤトが実践中、おススメする副業

 

 

 

※ハヤトへのお問い合わせは以下のいずれかからどうぞ。

hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

お問い合わせ・メッセージ

※ お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを送らせて頂きますが、返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、ご確認をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

-検証・FX・バイナリー・株・BM

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.