田中しげる 秘密ロジック「一週間で50万円!」危険な落とし穴

投稿日:2019/10/29 更新日:

ハヤトです。

「一週間で50万円!一年間で2500万円!」
「あっという間に壱億円」
「目標利益100%」

と謳う、日経225先物の投資で稼ぐ、
田中しげる氏の秘密ロジック搭載AI投資システム
が限定公開されたので、これを検証したいと思います。

 

①「一週間で50万円!」の危険な落とし穴

「一週間で50万円!一年間で2500万円!」
「あっという間に壱億円」
「目標利益100%」

というのが日経225先物(225と略します)の自動売買ツールで稼ぐ田中氏の案内文です。

 

50万円、2500万円、1億円と期待させる表現ですが、
このシステムツールを買えばだれでもこのように稼げる、
というわけではありません。

 

そのわけを以下にお伝えします。

 

1つ目の理由は、
50万円!、2500万円、壱億円!
と書かれてはいますが
誰でもそれが稼げる
とはどこにも書かれていないことです。

 

2つ目の理由は、
広告の中に示されている、
これまでに参加した人の実績です。

 

参加された皆さんが
225ラージ1枚(最小の取引単位)
で投資されています。

 

しかしその実績には、
最初の投資した金額と
最終の利益の額
だけしか示されていません。

 

たとえ最終的には利益になったとしても
途中で大きな赤字が出てしまったら
多くの人はそれ以降は続けられません。

 

資金を追加して投入できる人や
最初から大きな資金を持っているなら別ですが
途中で資金が3割、5割と減っていったら
我慢できずにそこで撤退、
の人が多いはずです。

 

225はレバレッジが掛かりますので
現物株と違って
資金がゼロ以下になることだってあるのですから。

 

参加した方の実績には
一番大事な
最終利益に至るまでの途中のお金の動き
についての情報が示されていないのです。

 

さらにまた、
2017年の夏ころ
の実績だけしか示されていません。

 

これでは、
それ以外の期間の実績はどうだったのかを
判断しようがありません。

 

システム投資であれは
統計データのベースになる
・もとでの資金
・検証の期間
・検証の時期
・勝率
・途中で赤字になるならその赤字の大きさ
などが示されるべきです。

 

それがわからないと、
どんな人がどうやって稼げるのか
判断はできません。

 

当然示されるべきデータを
示していないのには理由があるはずです。

 

そのようなものに参加をするのは危険
と判断すべきだと思います。

 

②「サイン投資」の危険性

田中氏の広告には、
ボタン一つの自動ツール投資、
とも書かれています。

 

ツールを使用する場合に注意すべき事があります。
それは
・ツールで使用しているロジックが通用しなくなる
・ツールが何らかの不具合で使用できなくなる
・ツール提供者がツールを提供できなくなる
・ツール利用料金が大幅増額されてしまう
などの可能性があることです。

 

こうなってツールが使えなくなると、
あなたの稼ぎもそこでストップしてしまいます。

 

ツールに依存するということは
そのように稼げなくなってしまう危険性がある
ということに注意しなければいけません。

 

もしもシステムツールが完全自動であるならば、
それはもっと危険です。

 

あなたは完全に
ツールにお金を任せることになるからです。

 

それが意味するのは、
あなたが知らぬ間にツールが勝手に動いてしまい
気が付けば資産が全てなくなっていた
という可能性だってあるということです。

 

どうせなら、
ツールに任せきりにするよりは、
自分のスキルを向上させるもの
に投資した方が良いのではないでしょうか?

 

③「目標利益100%」のカラクリ

目標利益とは、
一週間で50万円!一年間で2500万円!
を意味するわけではありません。

 

とても紛らわしい書き方です。

 

そもそも、
目標の対象である利益が何も書かれていないので、

何度も投資して、
そのうち一度でも利益が出れば、
「目標利益100%」
なのかもしれません。

 

あなたがたとえ、
一週間で50万円!
が目標利益のはずだと言っても、
そうは書いていない、と言われるだけかもしれないのです。

 

特定商取引法に基づく表示には、
「本商品に示された表現や再現性には個人差があり
必ずしも利益や効果を保証したものではございません」
が明記されていますので、

広告内容がいくら誇大な魅力的なものであっても、
法律的にはこちらの文言である、
「利益や効果を保証したものではない」
ことが優先されます。

 

「100%」や「確実」などの表現には
十分注意しなければいけないと思います。

 

④ノウハウを購入し検証しました

田中氏が以前1000円で販売した225投資ノウハウ、
「勝てるんです」
があります。

たったの1000円でした。

 

今回はそれを購入していた人が案内の対象であり、
実は私もその一人です。

 

225は、簡単に言うとFXとほぼ同じです。

 

今なら証拠金64万円で、
レバレッジを掛けて売り、買いができます。

 

もし興味があれば、
・日経225先物取引とは
・先物取引とは
をご覧いただけると幸いです。

 

結局私は
この「勝てるんです」を使いませんでした。

 

その理由をこれからお話ししたいと思います。

 

この「勝てるんです」を購入したときは、
正直かなり驚きました。

 

他にないロジックでしたし、
なるほどと唸らせるロジックでした。

 

完全なシステム投資でしたので、
やろうと思えば誰でも完全に同じ検証ができます。

 

エクセルを使ってとりあえず
2017年の10月から12月の検証をしました。

 

資金は100万円としました。

 

その結果には、思わず鳥肌が立ちました。

元手100万円でしかも
たったの3カ月で、利益が598万円だったのです!

 

そのあとは夢中で検証してみました。
が、すぐにがっかり、でした。

 

2018年の1月からの3か月間は、
351万円のマイナスです。

 

途中の赤字は最大でなんと470万円でした。

 

500万円の資金があったとしても途中で破産でした。

 

気を取り直して、
他の時期についても検証してみました。

 

ロジックの性質上、3カ月ごとの検証になります。
(限月の関係ですが説明は省略します)

 

資金は100万円で、
赤字になっても追加の資金を入れ、
投資をやり抜く前提での検証です。

 

3カ月ごとの利益と、
途中の最大赤字の結果を示します。

 

勝てるんです検証

 

いかがでしょうか?
これなら使えると思えましたでしょうか?

 

3カ月で1000万円以上の利益が出たこともあります。

 

またトータルでは確実に勝っています。

 

でも実際には、多くの人は使えないでしょう。

 

なぜなら
最終的に利益にはなっていても、
途中で赤字になることが多いのです。

 

例えば2014年12月の結果をご覧ください。

最終的な利益は498万円になりましたが
途中で最大415万円もの赤字が出ています。

 

たとえ1000万円を持ていて始めたとしても
一時は585万円まで減っていた
ということなんです。

 

このようにたとえ一度でも
途中の赤字が大きく膨らむようだと
それ以上は続けられません。

 

少しは期待しただけにとても残念でした。

 

今回の田中氏の案件がどういう成果を生むのかは
やってみないと分かりません。

 

しかし、
上にも書きましたように
ツールを使っての投資というのは
とても難しいものです。

 

自分で何度も何度も検証を繰り返して、
利点も欠点も十分理解して、
十分自信を持ってからでないと使えません。

 

それだけやっても最後にはギブアップ
というのがほとんどの世界です。

 

もしも参加を検討されているのであれば
こんなことも参考にしていただければと思います。

 

※関連記事
田中しげる 秘密ロジック 追加検証しました。

 

※参考記事
「投資の自動売買システム」で初心者が継続して勝つためには?
投資でプロの思考を身につけ、プロのように稼ぐには?
なぜ投資で勝てないのか?(損小利大とプロスペクト理論)
投資の大失敗から得た成功のための秘策

 

※ハヤトが実践している副業
私が実践中の副業
私が実践している副業・参加して1年の成果

-検証・FX・バイナリー・株・BM

Copyright© ハヤトの副業シニア新ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.