天才くんアカデミー

 

日本経済は不景気が続いています。

 

バブル経済が弾けてから、
30年間もずっと、日本は不景気です。

 

統計上で、「景気上向き」と
報道されることがあったとしても、
日常生活で豊かさを実感している人は
ほとんど見られません。

 

税金もどんどん上がっています。

 

消費税が上がり、
その他の税金も知らぬ間に増え、
国民の負担は深刻です。

 

給料から税金を引いて、
必要な生活費使えば、
貯金のための資金は残らないという状態です。

 

「日本の未来は明るい。」と考える人よりも、
「日本の未来は暗い。」と考える人の方が
圧倒的に多くなっています。

 

不景気だと、
子供の教育費負担も深刻になります。

 

ですが、教育費を減らすと、
子供の将来が不安です。

 

そこで、

「家計の教育費へ減らして、子供の成績を劇的に上げる方法」

について、お伝えしたいと思います。

 

 

この記事の目次

1. これからの日本の未来について。日本はどうなって行くのか。

ほとんどの大人が、うすうす気が付いていることがあります。

 

日本の未来には、以下のような問題があり、
危機的な状況にあるこということに気付いています。

 

ですが、
具体的な解決方法までわかる人はわずかです。

・少子高齢化で労働人口が減る。
・少子高齢化で労働人口が減り、税収が減る。
・社会保障費・年金などの支出が増える。
・財政赤字が深刻化する。
・個人の税負担が増える。
・国際競争力がなくなる。
(日本が先進国ではなくなる。)
・AIに仕事をとられる。
・外国人移住者が増える。
・治安が悪くなる。犯罪が増える。
・貧富の格差が広がる。超2極化社会になる。
・終身雇用・年功序列は消滅。
・成果主義・リストラが当たり前となる。
・ブラック企業が増える。
・親への介護負担が増える。
・子供の進学や就職も親の年収次第となる。

つまり、会社に勤め、
「まじめに仕事をしていれば報われる。」
という時代は終わりました。

 

これからの時代は、
自分で考え、自分で判断し、
自分で行動し、自分で道を切り開いて行く人だけが
生き残れる時代です。

 

子どもの将来を考える時、
「良い学歴」、「良い就職」だけでは、
幸せをつかむことは難しくなります。

 

子どもは、
「時代の変化」、「環境の変化」に適応できる、
たくましい人に育っていく必要があります。

 

2. ほとんどの親が我が子に願うこと。

日本では多くの子どもが、
塾や習い事に忙しい日々を送っています。

 

親はそれらの費用を捻出する為に、
会社で一生懸命働きます。

 

塾や習い事に通わせて、
とりあえずは高い学歴を得ようと、
偏差値の高い大学を目指します。

 

ですが、
親が子どもに願っていることの本質は、
高い学歴を得ることや、
大企業に就職することではありません。

 

社会に出てから、
病気をせず、健康で、
生活に困らないだけの必要な収入を得られ、
やりたいことができて、
幸せな家庭を築き、
自立して生きて行けることを願っています。

 

ですが、その対策としては、
高い最終学歴や、
大手企業への就職程度しか、
具体的な方法がわかりません。

 

その為、とりあえず、
塾や習い事に通わせます。

 

親が、
何を学ばせて、
何を鍛えれば、
子どもが社会に出てから
苦労しなくてすむかがわかっていれば、
必要なことだけを取捨選択し、
無駄なお金や時間を浪費することなく、
「自立した子ども」に育てることができます。

 

その為には、
具体的な努力内容や
具体的な努力方法を、
一流の成功者から直接学ぶ必要があります。

 

社会の政治・経済・金融・スポーツ・
教育などに精通した一流の成功者から直接学ぶことで、
無駄な労力を使うことなく、お金を浪費することなく、
本当に必要なことだけを効率よく学ぶことができるようになります。

 

成功する為に必要な努力を、効率よく実践することで、
金銭的な負担や、時間的な負担がなく、
高い確率で、成功を手に入れることができるようになります。

 

親が最終的に子どもに望むことは、
時代に適応し、環境に適応し、自立し、たくましく、健康に、
経済的にも豊かに、幸せに、生きてくれることだと言えます。

 

3. 日本で、親が子どもに対して、実際におこなっている教育について。

日本で親が子どもに対して
実際におこなっている教育には、
無意味なことや
無駄なことがたくさん含まれています。

 

学校で学んだ同じ内容を、
塾に通ってまた学んだり、
学校の宿題と同じ内容の宿題が、
塾でもまた宿題として
出されていることがあります。

 

社会人になってからは
必要としない習い事に、
本人が希望していなくても無理に通わせたり、
プロになるつもりはないのに、
熱心なスポーツクラブに
参加させたりしています。

 

親としては、
できるだけ多くの経験をさせた方が良いと考え、
あらゆる可能性に適応できるようにと、
様々な習い事や、塾に通わせています。

 

子どもにとって、
将来全く必要のないことでも、
あまりやりたいと思わないことでも、親のエゴや自己満足で、
塾や習い事に通わせていることもあります。

 

これからの時代に必要なスキルや
本当に習得しなければならないことを
親が正しく理解していない場合、
お金と時間とエネルギーの無駄ばかりになります。

 

子どもの無駄な負担をなくすためにも、
親の経済的負担を減らす為にも、
親の自己満足ではなく、
本当に必要な、正しい情報を
得る必要があります。

 

4.「子供の能力・学力・成績は親の年収に比例する。」という現実

子供を自立させ、
「幸せに生きる力を身につけさせること」は
親の責任です。

 

ですが、親によって、
教育への関心度には個人差があります。

 

大まかには、
「年収の高い家庭ほど、子供への教育意識が高い。」
と言えます。

 

実社会で成功している親ほど、
「教育の重要さ」を理解しているからです。

 

例外はありますが、
統計的には、低所得の家庭ほど、
親の教育への関心が低い傾向にあります。
教育に全く無関心な親も多い傾向にあります。

 

仮に、教育に関心があっても、
子供に用意できる教育環境が
金銭的に限られます。

 

その為、年収が高い家庭ほど、
子供が優秀になる傾向にあります。

 

金持ちは益々成功しやすくなり、
貧乏人は益々不利となり、
成功から遠ざかります。

 

その結果、
日本は2極化社会になっています。

 

これからは、
更に、もっと激しく、
超2極化社会になります。

 

「親の収入が子どもの将来に影響する。」
この現実を正しく認識することが重要になります。

 

5.「親の経済力で用意した教育環境」が子どもの人生に大きく影響を与えるという現実

 

お金持ちの家庭では、
子供が小さいときから、
充実した教育環境が用意されます。

 

「学校の勉強」や「習い事」は、
一流のプロ教師が担当します。
教師が一流なので、
指導内容も一流の内容になります。

 

一流の成功者から学ぶということは、
成功する人の考え方・行動パターンについても学ぶことになります。

 

その為、
成功者の影響を受けた子供は、
一流として成功する可能性が高くなります。

 

「親のお金で用意した教育環境」が
充実すればするほど、
子どもは成功しやすくなります。

 

二流の教師から学んだり、
学ぶ機会がそもそも少ない、
貧乏な家庭とでは、
初期段階で既に大きく差が開くことになります。

 

「教育の成果もお金次第」という現実があります。

 

6. 教育にお金をかけても失敗するケース

子どもの教育にお金をかけても
失敗することがあります。

 

子どもの適性を考えずに、
過度に塾や習い事を増やした結果、
子どもが消化不良を起こし、
学ぶことが嫌いになってしまう
というケースです。

 

複数の習い事や塾に通うことにより、
同じ学習内容が重なったり、
同じ宿題が重なったり、
通学の時間が膨大となり、
体力的に疲れてしまって、
失敗するというケースもあります。

 

親の過度な期待と、
子どもの興味・関心がミスマッチした場合、
お金をかけても失敗することがあります。

 

子どもが自ら興味を持ち、
学ぶことを楽しめることが重要になります。

 

7. 日本の学校で成績が優秀でも、子どもが幸せになれない理由

日本の学校で成績が優秀なだけでは、
社会では成功できません。

 

なぜなら、日本の教育カリキュラムが
世界の時流から取り残されているからです。

 

最新の統計では、
東大の世界ランキングは
23位から36位に転落しています。

 

世界ランキング100位以内に入っている
日本の大学は東大36位と京大65位の2校のみです。

 

日本の教育は
知識のインプットが主となる、
「詰め込み教育」が長年続いています。

 

社会に出てからは知識だけでなく、
交渉力(ディベート力)・プレゼン力・
行動力・情報分析能力・語学力・IT力・
金融力などが必要とされます。

 

日本の教育では、
これらの要素を鍛える
カリキュラムになっていません。

 

その為、
子どもが就職する日本企業自体が、
国際競争の中でどんどん敗退しています。

 

幼少から、
「生きるために必要な力」を養っていなければ、
学歴が高いだけでは、
社会に出てから成功を手にするのは困難になります。

 

8. 社会で成功するために必要なこと。

子どもが社会人になってから、
健康で、お金に苦労することなく、
自分の夢を叶えながら、幸せに、
親から自立して生きて行くためには、

 

学歴だけでは十分ではありません。

 

学歴で得られる知識は、
成功するための「最低限必要な教養」にすぎません。

 

学歴はもちろんのこと、
社会で成功する為には、
以下のような要素が必要となります。

 

・学歴(最低限の知識・一般常識・論理的に思考する力)
・語学力(英語力)
・ITスキル(ITリテラシー)
・お金の知識・お金の稼ぎ方(金融リテラシー)
・法律の知識
・税金の知識
・情報処理能力(情報収集・情報分析・洞察力)
・人脈(コネ)
・プレゼンテーション能力・交渉術・悪に負けない能力
・人間関係構築能力
・環境適応能力(AI社会への適応能力・デジタル通貨社会への適応能力)
・体力・健康(肉体面・精神面の両方での健康)
・感性(右脳的感性・リズム感[チャンスを掴むタイミング]
   世の中のトレンドを感じる力・第六感)
・強い意志の力
・運・運を引き寄せる力
・縁・縁を引き寄せる力

 

これらの要素は全て、
科学的に、努力することで身につけることが可能です。

 

成功者が直接、
年齢や発達段階に応じて、
やさしい言葉で伝え、実践することで、
簡単な作業の継続だけでも、
身につけることが可能となります。

 

塾や習い事のような、
授業やレッスンではなく、
スパルタ式の詰め込みでもなく、
隙間の空いたわずかな時間を使って、
簡単なゲーム形式の遊びを通して、
自然と体得できるようになるのです。

 

工夫次第で、
遊びやゲームを継続するだけで、
一流の知識や技術を
身につけることも可能となります。

 

9. 放っておいても自分で勝手に学んで学習し、進化する、「勉強好き」の共通点

 

天才と呼ばれる子どもには
共通点があります。

 

学問でもスポーツでも、
天才的に才能を発揮する子どもには
以下のような共通点があります。

 

①その道で成功した一流のプロから
直接、一流の指導を受けている。

②自分が何をしたいのか、
目標がはっきりしている。将来の夢がある。

③小さな成功体験を数多く経験している。
自分に自信がある。

④承認欲求が満たされている。
精神が安定している。

⑤努力を楽しめている。
努力が成功に結び付くことを経験している。

⑥親が子どもの教育に非常に関心が高い。
(お金はなくてもよい。)

 

親や指導者から良い影響を受けると、
幼少期から目標が明確になり、
努力が楽しめるようになります。

 

一流の指導者から
正しい努力方法を学ぶことで、
努力が成果として現れやすくなります。

 

お金持ちはこれらの環境を
お金の力で設定します。

 

貧乏な家庭でも、
親の意識が高ければ、
知恵と工夫次第で、
良い環境設定ができる可能性はあります。

 

親の意識・行動次第で、
収入が低い家庭でも、
お金持ちと同様の、良い環境設定も可能となります。

 

10. お金をかけなくても、能力・学力・成績を伸ばす方法。

 

お金をかけなくても、
以下の点について工夫することで、
能力・学力・成績を伸ばすことが可能となります。

 

①社会に出てから必要なスキルや「実学」だけを学ぶ。

 

お金をかけない場合は、
本当に必要なものだけに厳選して、
習得することが重要になります。

 

「みんながやっているから。」、
「友達がやっているから。」、
「本人が好きだから。」という理由ではなく、
本当に必要なものだけを厳選して、
短時間だけ集中して習得すれば、
お金をかけなくても、
将来役に立つ知識や技能を
身につけることが可能になります。

 

②「隙間の時間」を有効活用する。

社会人でも、学生でも、
優秀な人は、忙しくて時間がなくても
結果を出します。

 

時間がいくらあっても、
時間を有効活用できない人は、
要領が悪く、結果を出せません。
「隙間の時間」をいかに有効活用できるかは、
将来においても重要と言えます。

 

わずかな時間の継続、
わずかな時間の積み重ねが、
大きな成果につながります。

 

成績だけでなく、
仕事の処理能力にもつながる
「時間活用」について、
子どものときから、一流の指導者から学び、
訓練をして行くことが重要と言えます。

 

③期限を決めて、客観的成果を確認する。

多くの習い事や塾は、
その成果を形として確認する機会を持ちません。

 

成果を確認する機会を持つということは、
授業の質を問われることになるからです。

 

一定期間の指導を受けた場合、
必ず形として見える、
資格や成果で確認する必要があります。

 

時間や労力が成果となっているのか、
その都度確認することが重要です。

 

④「塾」や「習い事」を精査して無駄な箇所を削減する。

塾や習い事に通わせることには、
メリットだけでなく、デメリットもあります。

・学費がかかる。
・教室に通う交通費がかかる。
・教室に通うため、体力を消耗する。
・教室に通うため、時間を浪費する。
・学校の授業内容と重複する。
・学校の宿題と重複する。
・通っているだけで努力しているという錯覚に陥る。

その為、無駄な部分を精査して削減すれば、
かなりの労力・時間・費用が削減できます。

 

削減した分を家庭学習に変えるだけで、
かなりの省エネで、
大きな成果を上げることが可能となります。

 

⑤親が勉強している姿を見せる。

親の背中を見せる。
子どもに勉強やスポーツで努力をさせるには、
親が率先してやってみせることが最も効果的です。

 

学業でも、スポーツでも、ビジネスでも、
親や、上司や、リーダーが、
自ら率先して努力している場合、
子どもや部下は、黙っていても努力するようになります。

 

親が率先して、
努力の模範を示している家庭では、
子どもは自然に努力し、成果を上げて行きます。

 

11.「天才くんアカデミー」創設の理由
(できるたけ低年齢から始めて、「天才脳・成功脳」を確立する。)(授業を聞くだけの一方通行、受け身学習ではなく、自らプランし、行動し、目標達成体験を繰り返すメソッド)

子どもが社会人になったとき、
経済的に自立し、夢を叶え、成功し、幸せに生きてけるように、
必要不可欠な要素を身につける、独自のメソッドを公開致します。

 

「天才くんアカデミー」は
学校の成績も含めて、
社会で必要不可欠な要素を身につけるための、
独自メソッドを実践するコミュニティです。

 

メソッドの実践により、
幼少期から「天才脳」・「成功脳」を
確立することを目指します。

 

学校の成績の向上、英語の習得、
ITスキルの習得などを中心に、
優秀な社会人となるために必要な要素を、
優先順位の高いものから習得していきます。

 

実践内容は発達段階によって、
優先するものが異なります。

 

個人の年齢や発達段階によって
個別にカリキュラムを調整します。

 

その為、
年齢はある程度参考にしますが、
基本的には年齢・学年は考慮しません。

 

個人の習熟度で、
実践内容を選択して行きます。

 

できる子はどんどん飛び級で
進学していきます。

 

天才脳を育てる為に、0歳~3歳の間は、
右脳教育や幼児教育のエッセンスを実践します。

 

子どもの年齢や発達段階に合わせて、
実践内容を決定し、簡単な日々の作業で、
習得していきます。

 

成人の方でも習得は可能です。

 

成人の方の場合は、
既に社会経験者ですので、
お金の知識や、お金の稼ぎ方、
ITスキルなどを中心に習得していきます。

 

従来の塾や習い事とは
異なった手法となりますので、
受け身的な一方的の授業は
ほとんどおこないません。

 

短時間でできる、
ゲーム形式の実践が中心となります。

 

受講者にとって、
優先順位の高いものから習得する
プログラムになっています。

 

「天才くんアカデミー」は、
独自メソッドを実践するメンバーが集う
コミュニティです。

 

コミュニティには
簡単な審査はありますが、
無料で参加できます。

 

12. 未就学児や小学生でも、学習成果が自ずと収入につながる時代

「天才くんアカデミー」のメソッド実践者には、
未就学児でも、ITスキルを活用して
お金を稼げる子が誕生しています。

 

メソッドは
お金を稼げるようになることが
目的ではありません。

 

ですが、小さな頃から、
社会で必要な「実学」を学びますので、
メソッドを実践すれば、
その成果が自然と収益につながることがあります。

 

社会に出てから必要な
知識やスキルを実践すれば、
年齢に関係なく、自然発生的に、
収入が得られるようになります。

 

これからの時代は、
老若男女を問わず、
必要なスキルを身につけて、
自分でお金を稼ぐ時代です。

 

小さな頃から、
自分の力でお金を稼ぐ体験ができている子は、
社会人になっても
成功できる可能性が高くなります。

 

13.「天才くんアカデミー」のメソッドについて(従来の塾や習い事と異なる点)

①無駄なお金を省く。無駄な時間を省く。

無駄な労力を省く。
従来の塾や習い事では、
授業を聞くということが中心である為、
受け身の、一方通行的な学習になっています。

 

その為、
通っている時間に対して得られる成果は、
効率が良いものとは言えません。

 

「天才くんアカデミー」では、
成果に直結する、「本当に必要な努力」だけを厳選し、
実践します。

 

お金や、時間や、労力を大幅に削減して、
大きな成果を上げることを目指します。

 

②「隙間の時間」と「実践の継続」を重視する。

仕事でも、勉強でも、
スポーツでも、習い事でも、
優秀な人は時間の使い方が上手です。

 

忙しい環境においても、
次々と成果を出して行きます。

 

効率よく成果を上げる為には、
「時間の使い方」がカギになります。

 

机に向かって勉強する時間のほかに、
「隙間の時間」をいかに有効に活用するかが重要です。

 

「隙間の時間」の有効活用と、「実践の継続」が、
気づいた時には大きな成果となっています。

 

楽しい、ゲーム感覚の作業を
実践・継続することで、
効率よく大きな成果を上げることを目指します。

 

③良きライバルとの「程よい競争」を重視する。

同じ目標や夢を持つライバルの存在は貴重です。
自分一人で努力するよりも、
楽しみながら、ゲーム感覚で、
「程よい競争」をしながら努力を続ける方が、
短時間で大きな成果を上げられます。

 

同じ目標を持つ
「良きライバルとの程よい競争」を、
遊び感覚で取り入れます。

 

④独自カリキュラムを親子で実践する。

個別の目標に対して、
個別のカリキュラムを作り、
最も優先順位の高い努力から
実践をしていきます。

 

そうすることで、
効率よく、確実に、
目標達成ができるようになります。

 

「天才くんアカデミー」は、
独自カリキュラムを親子で実践する
メソッドになります。

 

「隙間の時間」を有効活用することで、
楽しく、負担なく、効率的に、
目標達成を目指すメソッドになります。

 

⑤客観的に成果を目視できる資格を取得する。

「天才くんアカデミー」では、
成果が目に見える形になることにこだわります。

 

その為、
実践内容に近い資格の取得も目指します。

 

期限を決めて、目標を決めて、
客観的に目視できる「資格」を
取得するように努めます。

 

例えば、
「英語検定」、「漢字検定」、「算数検定」、
「プログラミング検定」、
その他の国家資格などの取得も目指します。

 

「天才くんアカデミー」独自で作成した
「独自認定資格」の取得も目指します。

 

「目に見える成果」にこだわり、
無駄なお金や、無駄な努力や、
無駄な時間や、無駄な労力を省き、
夢や目標の実現を目指します。

 

14.「天才くんアカデミー」の参加資格について

「天才くんアカデミー」では
個人の発達段階に応じて、
習得すべき内容や優先順位が異なります。

 

0~4歳:
「天才脳」を形成する為に必要な、
一流プロ講師が作成した
独自幼児教育プログラムを実践します。

 

5~12歳:
小学生のときに習得すべき内容や、
優先順位の高いものを実践していきます。
算数・国語・漢字・英語・
プログラミングなどが中心となります。
成果を客観的に目視できるように、
資格検定取得を目指します。

 

13歳以上~成人:
個々人の適性や必要に応じて、
習得すべき内容や優先順位を決めて
実践していきます

成果を客観的に目視できるように、
資格検定を取得したり、
成果で得た利益を確認していきます。

 

「参加資格」

「天才くんアカデミー」は、
同じ価値観を共有するメンバーが、
必要な学習を通じて、
切磋琢磨していくコミュニティです。

 

その為、下記の価値観を共有できる方が
参加可能となります。

 

・学校の勉強も、ある程度は必要と考える方。

・スパルタ詰め込み方式ではなく、
実践する本人が楽しめる学習が良いと考える方。

・学校の勉強は無理のないペースであれば、
飛び級でどんどん学ぶべきだと考える方。

・学校の勉強以外にも実社会で必要なことは、
幼少期から学ぶべきだと考える方。

・ITスキルは無理のないペースであれば、
幼少期から養った方がよいと考える方。

・英語学習は無理のないペースであれば、
幼少期から始めた方がよいと考える方。

・お金についての知識や稼ぎ方は、
無理のないペースであれば、
幼少期から身につけた方がよいと考える方。

・自分でお金を稼ぐ体験も、
簡単で無理のないペースであれば、
幼少期から体験できた方が良いと考える方。

・学校の勉強以外にも、
「情報収集能力」、「コミュニケーション能力」、
「プレゼンテーション能力」は重要だと考える方。

・このままの旧態依然とした教育内容では、
日本の将来は危ういと考える方。

・旧来の日本の伝統や、文化や、
これまでの旧態依然とした教育方法にも
良いところはあると考える方。

・子どもに自立を促したい方。
(親の責務は子どもの自立と考える方。)

・子どもの教育には
親の関与も必要だと考える方。
(放任主義でない方。過保護でない方。)

 

以上のような価値観を共有できる方で、
簡単な審査に合格できた方は、
無料で入会可能となります。

 

入会の対象年齢は0歳~成人までとなります。

 

「募集定員」:先着10名

受講者のサポートを充実させるため、
定員になり次第、締め切りとなります。

 

同じ価値観を共有し、
幼少期の早い段階から、
お互いに切磋琢磨できる仲間がいる環境は、
非常に重要だと考えます。

 

厳しいスパルタ方式の
先取り詰め込み学習ではなく、
無駄な時間や、
無駄なお金をかけることなく、
ゲーム感覚の楽しい学習で、
学ぶことを楽しみながら、
隙間時間を有効に活用し、
子どもの才能に上限を設定せず、
どんどん飛び級で学習できる
コミュニティを目指しております。

 

同じ価値観で、
子どもの能力を開花させたい方、
子どもの夢を叶えたい方、
成人であっても、
年齢に関係なく自己を向上させたい方、
優秀な天才や成功者と人脈を作りたい方は、
是非、コミュニティにご参加下さい。

 

「天才くんアカデミー」参加申込(無料)
※クリックで別ページが開きます。

 

※ハヤトへのお問い合わせは以下のいずれかからどうぞ。

● hayato_fukugyou@yahoo.co.jp

● お問い合わせ・メッセージ

※ お問合せメールを頂いた際には、順次返信メールを送らせて頂きますが、返信メールが迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、ご確認をお願い致します。

投稿日:2020/01/23 更新日:

Copyright© ハヤトの副業ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.